元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2013/03/28 Updated

YouTubeに載せました

 ネット配信のプロモーションビデオをYouTubeに載せています。
 YouTube内で「西日暮里 プロジェクトシアター」と検索してください。

 なお、昨日『整数問題』を載せましたが、本日の夜には、『場合の数と確率』、『計算の技術』、『化学反応理論』がアップします。

 3月28日    定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/20 Updated

ネットで個別指導、グループ指導

 今、準備中のネット配信は、一方的な配信のものと、相互に会話ができるものがあります。相互に会話ができるものを使って、個別指導やグループ指導を考えています。
 これは、従来のネット配信と違い、生徒はその場で先生に質問ができるのです。教師はその場で答える、さらに、生徒のでき具合を見て、どのくらい丁寧に説明するか、どこまで深く説明するか、を判断しながら授業を進めていくのです。これができるのが、新しいシステムです。
 小人数ですと、先生と生徒、さらに、生徒どうしも会話ができますから、個別指導だけでなく、小人数のグループ指導にも使うことができます。この場合は、個別指導よりひとりあたりの料金が安くなりますから、「個別はむり。」という人でも、「友達数人で授業を受けたい。」という人にも勧められます。また、この友達が北海道と沖縄でも可能なのが、今回の『ネットで個別指導』のいいところです。
 4月からの講義のバリエーションが増えて、楽しみです。
 3月20日   定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/15 Updated

ネット配信

 今、ネット配信に向けて準備をしています。DVDもいずれ製造する方向で考えていますが、とりあえず、ネット配信からスタートします。
 また、個別指導のネットも準備中です。これは、単なるネット配信では、一方通行ですが、ネットを通じて、一対一での講義、質疑応答をするものです。東京や福岡に通えない生徒にも個別指導ができるようになります。すでに、その準備はできておりますので、個別指導を希望する生徒さんは、定松のファンサイトから相談してください。
 3月15日     定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2012/03/20 Updated

PTS東京教室開講

 PTSに念願の東京教室ができました。JR西日暮里駅から1分(実際には、1分もかからず40秒程度です)で、地下鉄千代田線西日暮里駅と日暮里・舎人ライナー西日暮里駅から1分30秒と非常に駅から近いところにあります。
 現在は、個別指導のみを行っています。4月の中旬から、1学期の講座を開講します。今までPTSの講座を受講したことのない方は、ぜひ、無料体験講義を受講してください。不定期に行っていますので、PTSに問い合わせてください。
 講座に関しては、東大理型学、ハイレベル医学系数学、化学(物質編、電子論的解説)を予定しています。
 
 3月20日  定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(3)  |   コメントを書き込む

2011/12/08 Updated

1次変換特別講義第2弾

 1次変換の特別講義の第2弾を12月9日(金曜日)の午後6:30から行います。
 今回は、固有値・固有ベクトルを用いて、不動直線の超難問(これは東大理型学の選抜試験に用いた問題と同じ内容です)を数十秒で鮮やかに片付けます。
 前回受講した人は無料で今回は受講できます。また、前回受講できなかった人は今回 2,000円で受講できます。会場の席に限りがありますので、必ず申し込みをしておいてください。なお、受講料は、当日に会場で支払ってください。

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/11/16 Updated

「行列と1次変換」特別講座11月19日(土曜日)

 11月19日(土曜日)11:00〜14:50(途中に昼食のための休憩あり)に「行列と1次変換」の特別講座を行います。料金は1万円です。
 講座開講日迫ってのお知らせでしたので当日支払いと統一させていただきます。教室(中央区立産業会館)が小さく人数制限がありますので、事前申し込みよろしくお願い申し上げます。

 新課程から1次変換がなくなります。そのため、今回の入試では、1次変換の難問がでる可能性があります。そこで、「行列と1次変換」専用の特別講義をすることにしました。
 今回は、3時間の講座ですので、教科書ではあまり触れられていない、固有値と固有ベクトルに限定して説明し、これを用いた鮮やかな解法を紹介します。

 11月16日    定松 勝幸

 

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/10/21 Updated

福岡の理型学

 福岡桜坂教室にて、理型学合格者が出ました。東京でもなかなか合格者が出ないので、今年はこれ以上合格者はでない、と思っていたので、少しほっとしました。なお、合格者は理型学の講座を受講する権利があるだけで、義務はありません。したがって、講習会の講座を受講しない生徒さんでも、力試しに受験してみるなどでもかまいません。理型学の水準を感じていただくだけでも価値はあると思います。優秀なる受験生の挑戦を待っています。

 10月21日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2011/10/13 Updated

秋期特別講義

 3連休を利用して、桜坂教室で秋期特別講座をやりました。教師を対象とした講座もあり、全国からたくさんの教師の方に来ていただきました。
 PTSでは、高等学校の先生方の見学を歓迎いたします。ただ、桜坂教室も東京会場も小さな教室で講義しておりますので、事前に訪問される人数を教えてください。人数分の席を確保しておきます。
 また、多くの先生方が聴講されたい場合は、高等学校のほうに直接行きまして、数学の話だけでなく、生徒の成績をあげる方法、入試につながる中間試験・期末試験の作り方、成績アップになる宿題の効果的な出し方、入試直結の補修授業のあり方、などを講義します。
 10月13日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/10/05 Updated

長崎の高校の先生方の訪問

 本日(10月4日、火曜日)は、PTS桜坂教室の単科ゼミ『初等幾何の利用』に長崎県の高校の先生方が見学に来ていただきました。もちろん、いつもやっている講義をやっただけなのですが、参考にしていただけたようで幸いです。また、今日は、福岡県の西陵高校の先生も11月の講演の決定の報告に来ていただき、狭い教室は高等学校の先生方で盛り上がりました。生徒の数より先生の数のほうが多いという講義になりました。
 私の講義では、現役の高等学校の先生の見学を大歓迎します。
 10月4日   定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(4)  |   コメントを書き込む

2011/07/19 Updated

夏期講習会のテキスト

 残っていた夏期講習会のテキストが今日の明け方完成しました。私立医学部対策の3つの講座のテキストが残っていたのです。個人指導付きの画期的な講座で、これまでやったことのないスタイルの講座ですので、ずいぶん政策に苦労しました。
 狙いは、一方的な講義ではなく、受講者全員に対して、ひとりひとりがどの程度理解できたかをチェックし、理解できなかった生徒には不足分を補い、理解できた生徒にはプラスαを講義し、全員が満足できる講義を目指すことです。
 この講座も人数限定ですから、希望する生徒さんは早めに申し込んでください。なお、ホームページには載せてありませんが、現在講義中のT-11とT-12の2講座は、既に締め切り講座です。
 7月19日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(16)  |   コメントを書き込む

2011/07/12 Updated

1学期桜坂教室ハイレベル化学

 1学期桜坂教室のハイレベル化学に関して、質問が多く寄せられているため、この場で、説明します。
 『数学的思考を取り入れた化学』で、数学並みに根底にある思想を追究し、それを理解することにより、応用力をつけ、暗記をできるだけ減らすことを目標にします。
 物質編では、「化学反応式をできるだけ暗記しない」、特に、「加熱の必要・不要は、すべてその場で考える」です。2つの物質を混ぜたら化学反応は起こるのでしょうか?もちろん、何の反応も起こらないこともあります。混ぜた瞬間に起こることもあります。混ぜただけでは起こらないけれど、加熱をすれば起こることがあります。「反応なし」「常温で反応」「加熱をすれば反応」をどうやって区別していますか?多くの化学の教師は反応する場合の反応式を覚えさせるだけになっています。これでは、「反応なし」の判断はできませんし、加熱の必要・不要もわかりません。数学的に理解するのがもっとも効率よい学習法だと思います。
 理論編では、「その方程式に無駄な計算はないか?」そもそも、「その問題を解くのに方程式は必要か?」など、定松ならではの発送が飛び出します。ご存じのように、私は無駄な計算がきらいなのです。衝撃の計算技術を楽しんでください。

この、講義を受けるまでに、やっておいたほうがいいことは、アルカン、アルケン、アルキンの違いを知っておく(浅くでいいです)。アルコールの酸化を知っておく(結論だけでいいです)。ヨードホルム反応、銀鏡反応、フェーリング反応を覚えておく(反応のしくみはわからないでいいです)。異性体に構造異性体と立体異性体があること、さらに、立体異性体には幾何異性体と光学異性体があることを知っておく(理由は不要です)。エステルとアミドを知っておく(「何と何から水がとれてできた物質」というくらいでいいです)。主な気体(水素、酸素、塩素、二酸化炭素、一酸化窒素、二酸化窒素、二酸化硫黄、アンモニア、硫化水素、塩化水素の10個でいい)の製法を確認しておく(完全に暗記できなくてもいいです)。状態方程式とボイル・シャルルの法則を知っておく(正しい理解は不要です)。その程度をやっておいてください。
 当然、正しい理解、深い理解、は私の仕事ですので、いい加減な理解、浅はかな理解の状態で講義に臨んでかまいません。
 7月12日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/07/11 Updated

夏期講習会の化学

 夏期講習会が始まりました。恥ずかしいことに、夏期講習会のハイレベル化学のテキストだけが、出来上がっていないのです。ほとんど完成の状態ではありますが、1部検討中の問題があり、本日の夜に、仕上げを行います。あす発送できると思います。
 ところで、私が化学をやるようになったきっかけは、「物理の教師で数学が得意な教師は多いが、化学の教師で数学が得意な教師は皆無」ということから、私が化学をやったら、受験界に衝撃を与えることができるかもしれない!と考えたことからです。
 実際、受講した生徒からは、「数学がこんなに役に立つとは思わなかった。」「計算のスピードが想像を超えるように早くなった。」という意見を聞きます。
 定松の数学を知っている人なら、おわかりになると思いますが、私が発明した計算テクニックを使って化学の計算をするために、スピードが速いのです。私の考える化学は、『数学を利用してできるだけ簡単に素早く解く』です。
 夏期講習会の東京会場の講座の『1学期桜坂教室の単科ハイレベル化学』の時間帯にミスがあったみたいです。紹介分には1日4時間となっていてその通りなのですが、時間帯が16:00〜18:00とか16:30〜18:00になっています。これでは4時間になりません。16:00〜20:00が正しいです。添削指導に質問コーナー付きです。充実した化学の時間を楽しんでいただけるものと思いますので、化学が入試に必要な方は、ぜひ受講してください。この講座を聞いたうえで、夏期講習会ハイレベル化学を聞くとなお効果が大きいと思います。
 7月11日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(4)  |   コメントを書き込む

2011/07/01 Updated

東大理型学選抜試験(7月1日)

 東大理型学の選抜試験を行いました。選抜試験の問題は、PTSのホームページに後ほど公開します。
 今回の問題は、【1】、【2】は1学期の東大理型学の問題そのもので、いずれも入試問題としては有名問題です。理靴鯀世場合は、「なーんだ、有名問題か。ありふれているな。つまんな〜い。」でなくてはいけないものです。この程度はあっさり片付けてほしいものです。今回の楽しみは、【3】に対してどんな答えを書いてくれるか、でした。
 100点で満点で、合格ラインを60点としました。【1】と【2】は有名問題で解けて当たり前なので、配点は25点ずつ、【3】は配点はオリジナル問題ということで、配点は50点でした。かなしいことに、【3】はだれもできていませんでした。できが悪かったので、【1】【2】の2題が完璧ならば、合格させてもいいか、と考えたのですが、【1】【2】のできもよくなく(これができないのは、理靴鮃佑┐襪箸なりきびしいです)、残念ですが、今回は合格者なしです。
 7月1日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/06/26 Updated

夏期講習会理型学選抜試験

夏期講習会の理型学の選抜試験の日程が決まりました。7月1日(金曜日)の20:40〜21:30です。多数の受験希望者がでることを期待しています。でも、合格者は、基準に達した人のみとしますけど、、、、また、日頃は会場まで通うことができない人で、夏期講習会のみ東京に宿泊して受講したい、という人はPTSに連絡ください。レポートという形で選抜試験を行います。合格すれば、夏期講習会の選抜試験合格者講座(1学期東大理型学、夏期東大理型学)を受講する権利が得られます。なお、それ以外の講座は、選抜試験に関係なく受講料を支払えば受講できます。
 6月25日   定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/05/26 Updated

東京会場での1学期桜坂教室本科の数学

 正直言って、驚いております。夏期講習会の時期に、1学期桜坂教室本科の数学を受講したい、という一人の生徒の要望で、講座を設置しました。桜坂教室と同様の対応をするため、人数を3名を原則(最大5名まで)とし、料金も桜坂教室の本科と同じような金額にして昨日ホームページに載せたところ、既に3名の申し込み予約がありました。
 ただし、ホームページに記載しているとおり、いかなる事情があっても5名を超えては受講させません。「最大5名の少人数の限りなく個人指導に近いグループ指導」という約束に違反しますし、それを期待して、高い料金を支払った受講生に失礼になると思うのです。ほんとうに申し訳ないのですが、5名になり次第締め切ります。当初3名で締め切るつもりだったのですが、あまりの反響の大きさに5名にしたことをご了承願います。
 それにしても、安い金額ではないので、、、東京はすごい!!
 5月26日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/05/25 Updated

夏期講習会東京会場

 夏期講習会の日程が決まりました。生徒の要望に応じて、東京で、1学期桜坂教室の本科の数学、単科ゼミのハイレベル化学を設定しました。桜坂教室の本科は、医学部専用で、3名程度のグループ指導で全員合格を目指すコースです。当然料金も個別指導・グループ指導料金となり、安くないので、東京で設置する予定ではなかったのですが、「是非」という生徒の希望に従い設置しました。3名を原則として募集します。桜坂教室並みの丁寧な指導にするために、人数制限はご了承ください。
 桜坂教室単科のハイレベル化学も生徒の希望に従い設置します。生徒の皆さんには『定松の化学の世界』を楽しんでもらいたいと思います。
 5月25日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2011/05/12 Updated

東大理型学 福岡桜坂教室

 生徒からの要望に応じて、福岡桜坂教室でも、東大理型学をやるべきか検討しております。とりあえず、無料の体験講義をします。ここで受講した生徒に対して、アンケートをとり、開講するか否かを考えます。もちろん、開講することになったとしても、東京会場と同じ基準で選抜試験を行います。合格者が0もありうると思いますので、アンケートで開講して欲しい生徒が多数でも、試験の結果、「該当者なし」もありえます。福岡では、1人の合格者がいればいいほうだ、と思います。
 
 5月12日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(5)  |   コメントを書き込む

2011/05/07 Updated

東大理型学選抜試験(5月7日編)

 東大理型学選抜試験を行いました。問題はオリジナルのもので、面白い内容になっていると思います。受験しなかった人もPTSのホームページで公開しますので見てください。楽しんでいただけると思います。
 今回で最後の試験です。前回までの試験で合格者は2人出ています。3人目の合格者はでるのかな?
 個人的には3人目が欲しいと思っています。ただし、講義の水準を保つため、基準に達していない人を合格者にすることはしません。理型学を受講したくて受験してくださった生徒の皆さんには申し訳ないのですが、『理型学選抜試験に合格するほうが、東大理気帽膤覆垢襪茲蠧颪靴ぁ戮箸いΔ海箸如△翰解ください。
 5月7日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/05/01 Updated

理形抜試験問題の解答

今回(4月29日実施)の理形抜試験の解答を早く知りたい、という問い合わせが何件かありまして、それについて答えておきます。まず、この問題の解答は夏期講習会の東大理型学でやります。ただ、「そこまで待てない」という人にヒントだけは与えておきます。この問題は、なぜ原点を通らない直線でないといけないのか?と考えると自然と見えてくるものがあるはずです。直線は方向ベクトルと通る1点でただひとつに決定します。1次変換では、この方向ベクトルと通る1点の像を求めると、その直線の像は決定できます。ところで、平面上のすべての点は1次独立な2つのベクトルの1次結合で表現できます。直線が原点を通ってしまうと、その直線の方向ベクトルと通る1点の位置ベクトルが平行になり、1次独立な2つのベクトルは得られません。原点を通らない直線ですと、方向ベクトルと通る1点の位置ベクトルは1次独立です。ここに気づきましたか?ここに気づけば3分間クッキングでした。
 5月1日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/04/30 Updated

東大理型学合格者

東大理型学の第3回目の試験が4月29日に行われました。今回は、1次変換を出題しました。テーマは『原点を通らない不動直線』です。【1】は行列を用いて解いた解答がほとんどでしたが、行列を用いて解くと大変です。1次変換の線形性を利用すれば3分あれば解けます。【2】は不動直線と行列の固有値との関係を聞いてみました。かなりのできの悪さでした。今回の合格者は1名で、そのため、1学期の東大理型学は2名でスタートしました。5月7日に最後の試験がありますから、ここで合格者が出るか楽しみです。
 4月30日   定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/04/29 Updated

東京会場での新学期

本日が東京会場での新学期第1回目の講義でした。最初ということもあり、少し控えめにやりました。生徒の中には、「最初からアクセル全開」と思った人もいるかもしれませんが、こんなもんじゃありません。これからさらにアクセルを踏んで、内容の濃さに酔っていただきたいと思います。
 4月29日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/04/17 Updated

東京会場の単科ゼミ体験講義

本日(12時過ぎたので昨日と言ったほうが正しい)は東京会場の単科ゼミの体験講義でした。本日は高等学校の現役の教師も出席していただき、充実した講義ができました。私の講義は、予備校や高等学校の教師の出席も歓迎しています。去年の東京会場の講座も有名予備校の講師が出席してくれましたし、福岡の桜坂教室の講義も地元の高等学校の教師が受講していました。生徒だけでなく、高等学校や予備校の教師、さらに、社会人の受講も歓迎します。
4月16日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(6)  |   コメントを書き込む

2011/04/15 Updated

『東大理型学』第2回選抜試験

今日は第2回の東大理型学選抜試験でした。今回は『合格者なし』でした。回転体の体積がテーマで、これは、PTSのサイトに公開しています。興味ある人はPTSのサイトを見てください。今回、理型学の受講者に求めたのは、「回転体の体積くらい暗算で出しなさい。」です。残念ながら、そのレベルに達している生徒がいませんでした。今回は「理型学受講レベルに達した生徒なし」という結果になりました。後2回(4月29日、5月7日)のチャンスがあります。今回、不合格になった生徒さんも是非リベンジしてもらいたいと思います。
 4月15日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/04/07 Updated

生徒の住まい探し

今日は、東京からPTS本科に入学した生徒の住まい探しに付き合いました。代ゼミをやめたおかげで、30年間やったことのない、生徒ひとりひとりに対する対応ができるようになりました。代ゼミの時代は、生徒の顔や名前を覚えているのは1年に2,3人くらいでした。PTSの本科では、生徒の数が少ない分、全員の顔も名前はもちろん、各科目の成績や得意科目・不得意科目までも覚えられそうです。そのため、単に数学や化学の講義だけでなく、進路指導や悩み事の相談までできそうです。本気で合格率100%を実現させるつもりです。今年1年で絶対に合格しなければならない人いは、PTSの本科がお勧めです。本科の授業時間は他の予備校の2倍くらいあり、夕方の単科ゼミもすべて無料でとることができます。人数が少ないので、事実上は個人指導・グループ指導と同じです。その割には、授業料は安く、しかも、結果を出すために教師は必死です。結果を出して、来年のパンフレットに「本科生の合格率100%」と載せたいと思います。
 3月7日   定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/04/03 Updated

東京の春の体験講義

昨日(4月2日)と今日(4月3日)は東京での春の体験講義です。震災の影響で、先週の春の体験講義は人数も少なかったし、予約していても来ることのできない人もいました。昨日は体験講義だけでなく、PTS本科の相談、個人指導の相談、と何人もの生徒および父兄が訪れました。そして、一人ですが、PTS本科の申し込みもありました。福岡のPTS本科に入学です。東京からわざわざ福岡に来てくれるとのことです。うれしいことです。これが、PTS本科が目指してきたものですから。『全国から福岡へ』 福岡に最高のものを作れば、全国から生徒は来てくれるはず。それがほんの少しですが実現したようです。
 4月3日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/03/27 Updated

『東大理型学』選抜試験

 本日、『東大理型学』の第1回目の選抜試験をしました。すでに、このブログで書いたと思いますが、“該当者なし”でもよい、と思っていましたが、いきなり合格者が1人出ました。これで、東大理型学を開講することは決定しました。私の責任も重大になりました。今、テキストを必死で作成しています。こんなテキストは日本中探してもどこにもないと評価されるような最高水準の質のものにします。期待してください。

 3月27日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(4)  |   コメントを書き込む

2011/03/21 Updated

体験講義その3

 本日もPTSの本科の体験講義でした。生徒は毎回異なるのですが、体験講義の問題は同じですから、講義の内容は基本的には同じです。ただ、それでは私が面白くないので、受講する生徒の数が少ないときは、志望校などを聞いて、その水準に合わせて、別解を増やしたりして、毎回講義を変えています。

 3月21日     定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(4)  |   コメントを書き込む

2011/03/18 Updated

体験講義その2

本日も体験講義がありました。これからしばらくは体験講義の毎日です。生徒は毎回異なるのですが、講義の内容は同じですから、私がテンションを保つのはたいへんです。同じ講義ですから、回数を重ねるごとに、私が慣れてしまいます。できるだけ新鮮さを出すように心がけます。

 3月18日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(6)  |   コメントを書き込む

2011/03/16 Updated

体験講義

 今日は久しぶりに講義をしました。PTS桜坂教室での本科のための体験講義です。3人の受講生でした。1時間程度の体験講義でしたが、私の考え方は伝わったと思います。PTSの本科に入るかは別として、今日、体験講義でやったことが彼らの受験勉強に薬にたって欲しいと思っています。
 これから、体験講義のシーズンです。東京で3回、福岡で5回ほどの講義があります。無料ですから、是非受けてみて欲しいと思います。

 3月16日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/03/14 Updated

東大理型学その2

 東大理型学の反響が驚くほどです。PTSのサイトでは、今日の午後に選抜試験の日時と場所を載せたのに、今日既に申込者がいるのです。また、電話やメールで内容の問い合わせがありました。同じような問い合わせがある可能性があるものに関して、ここで答えておきます。
 
「東大理型学の受講者は理啓験生のみですか?」の質問の答えは、「東大理機東大理供京大理、京大医、慶応医レベルの受験生で特に数学に自信があり、最高レベルの講義を聴講したい人ならかまいません。選抜試験に合格すれば、そのレベルの講義を受ける能力は認められたわけですから、受験する大学に関係なく受講してかまいません。」

「東大理型学の選抜試験の出題範囲はどの分野ですか?」の質問の答えは、「数学機Γ繊Ν供Γ臓Ν掘Γ辰料簡野です。数学Bは数列とベクトル、数学Cは行列といろいろな曲線です。」

「東大理型学の選抜試験はどのくらいのレベルですか?」の質問の答えは、「東大理気帽膤覆垢襯譽戰襪任后今受験して理靴鮃膤覆垢襪曚匹亮体呂鷲要ありません。これですと、私の講義を受ける必要がありません。私と生徒の両方が努力して理靴帽膤覆垢譴个いい里任后ただし、最高レベルの講義を聞いて理解するだけの能力は必要です。それはどのくらいかというと、だいたい、東大理気覆藕膤覆任るくらいなのです。」

 3月14日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/03/13 Updated

東大理型学

 PTSのほうに『東大理型学』に関する問い合わせが多数あるみたいです。反響の大きさに驚いています。東大だけでも限定されるのに、理靴箸覆襪箸気蕕砲曚鵑琉谿りの人しか必要としません。ほとんど、私の趣味(本人は真剣ですし、必死です)で開設した講座です。採算なんて度外視の講座です。なにしろ、選抜試験は相対評価(成績上位から10名を合格者とする)ではなく、絶対評価(1年後、理靴帽膤覆垢觴体呂ある人を合格者とする)です。他の予備校ではありえない選抜試験のありかたです。 この方法で選抜してしまうと、「合格者なし」により講座自体が消滅することもあります。これでは予備校の経営は成り立ちません。でも「合格者なし」は講座が消滅するので経費はかかりませんから、まだましなほうで、「合格者1人」は、教室使用料、教材費、講師への報酬などがかかり、赤字になります。今回、『理型学』での私の報酬は一切ありません。「ただでもいいから、私のやりたいことをやらせてくれ!」で実現した講座です。
 よく、「勉強は生徒がやるもの、入試は生徒がうけるもの」といわれますが、そうではないと思います。スポーツの世界では、『このコーチあって、この選手あり』です。才能のある選手なのにコーチに恵まれず、結果が出せなかったのが、いいコーチにめぐり合えて、才能を発揮することはよくある話です。今回の選抜試験では、今理靴鮗けて合格する可能性の高い生徒を選ぶわけではありません。私が1年間コーチをして合格させることのできる生徒を選びます。私のほうも、「どういう指導をすれば合格が確実になるか」を生徒ひとりひとりに合わせて指導します。
 来年の入試が今から楽しみです。

 3月13日     定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/03/12 Updated

PTS東京会場での化学

 最初は、東京会場でも1学期、2学期の単科ゼミとして『ハイレベル化学』を考えていましたが、日程的に無理があり、夏期講習会、冬期講習会、直前講習会のみを実地することになりました。前回のPTS東京会場での化学の受講者の数名から、「今年は年間を通じてやってください。」とメールが届いていたのに申し訳ありません。
 なお、1学期終了直後に集中講義の形で1学期のハイレベル化学をやる案は検討中です。
 今年はPTS本校(桜坂教室)が本科生を受け入れる予備校となった関係上、私の授業のコマ数が大幅に増加し、数学で7コマ、さらに化学が3コマとなりました。こちらをこなすだけでもたいへんです。同じ生徒に対して私が7コマも数学の講義をやるのは初めてです。数学だけでも大変な量で、東京で化学をやる時間がとれませんでした。東京での1学期2学期の化学に期待してくださった方にお詫びを申し上げます。ほんとうに申し訳ありませんでした。

 3月12日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2011/03/11 Updated

東京での講座

 東京での講座が決まりました。私の知りうる限り、どの予備校もやっていない講座をやります。それは、『東大理型学』です。やりたかった講座です。東大理系数学ですら、受講する生徒が限定されるのに、東大理型学ではもっと受講する生徒の数は減ります。これはPTS東京会場だから実現できることかもしれません。なぜなら、PTSは東京に常設の教室がありません。固定資産税を払う必要もないし、家賃を払う必要もないのです。そのため、かかる経費は会場の使用料のみです。経費が少ない分、受講する生徒数が少なくても実現することが可能になります。1日だけの集中講義の形では実現できる予備校もあるかもしれませんが、年間を通して理型学を設置する予備校はPTSだけでしょう。
 この、理型学を実現するに至った理由は、PTSの受講生で実際に今年の入試で理靴帽膤覆靴神古未寮爾任后しかも2人の合格者を出しました。PTS東京会場で東大理系数学を聴講していた生徒はわずか20人程度です。その中から理靴2人です。何百人もの生徒を抱える大手予備校でも1人合格すればいいほうなのに、とんでもない合格率です。もちろん、昨年はPTSが年間を通じて東大理系数学の講座を開いていたわけではありませんから、合格した生徒は、日ごろは他の予備校または高等学校に在籍していたわけで、それをPTSの実績にしようという気はありません。しかし、今年は1学期、夏期講習会、2学期、冬期講習会、直前講習会と1年を通して東大理型学をやりますので、その受講生が理靴帽膤覆靴燭蕁■丕圍咾亮太咾箸靴篤押垢噺表できると思います。
 そこで、今年は東大理系数学はもちろん設置しますが、これとは別に、選抜クラスの東大理型学を設置し、理靴旅膤蔑┐魘丹枦なものにしたいと思っています。
 昨年のPTSの東京会場の東大理系数学の受講生からは、理沓果召脇段未任垢、それ以外でも東大理科砧燹京大理学部、東工大と合格者を出しています。今年は東大理系数学、ハイレベル医系数学も年間を通して設置しますので、超難関理系への合格率をさらにアップさせるつもりです。
 さらに、今年は、東大文系数学も年間を通して設置します。文系の講座はこれだけです。これ以外はやる予定はありません。まず東大のみにターゲットをしぼり、『定松の東大文系数学を受講すれば東大文科に合格する』という法則が世間で評判になるように努力します。

  3月11日     定松 勝幸
 

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/03/05 Updated

新年度のテキスト

PTSでの新年度のテキスト作成がたいへんです。1年間分のレギュラーのテキストをひとりで作るのがこんなに大変か!と感じています。がんばって、「これが日本一のテキスト」といえるレベルに仕上げるつもりです。代々木ゼミナールのときは、レギュラーのテキストは渡されたものをやっていただけなので、テキスト作成の苦労はありませんでした。それなのに、テキストのここが悪い、そこが悪いと不満に感じていました。今度は自分が作るのです。不満に感じないものにするようにがんばります。
 定松の授業はいいが、それ以上にテキストがすばらしい!と絶賛されるよう努力します。

定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/03/01 Updated

新年度の予定2

 東京で毎週、数学と化学の講座を開くことにしました。それまで、東京では、夏休み、冬休み、直前の時期だけ講習会という形で講義していましたが、今年は毎週講義をする予定です。講義する予定の講座は、東大京大理系数学、ハイレベル医系数学、ハイレベル化学、そして、選抜試験に合格した人限定の東大理科稽狄学です。詳しいことは今週末に決定しますが、金曜日と土曜日の午後に講座を開く予定です。

  3月1日    定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/01/21 Updated

化学の講義(東京会場)

東京で初めて化学の講義をします。福岡では夏・冬の講習会、さらに2学期の個人指導でやってきましたが、東京でもやることになりました。数学と同様に私が開発した解法を楽しんでいただきたいと思います。

1月21日    定松勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/12/13 Updated

東大京大理系数学

 本日は、PTSの東京会場での『東大京大理系数学』の講義でした。このレベルの講義は楽しい!!!
 きっと、聞いていた生徒より、私のほうが楽しかったように思える。2月に続編をやるが、それまで待てないくらいである。

 12月13日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/08/16 Updated

東大京大理系数学

 本日(8月16日)、PTSの夏期講習会東京会場の東大京大理系数学でした。
 
 このレベルの講義をする機会が少なく、しかも、私はこのレベルの講義が大好き、というわけで、楽しく講義しました。きっと、聞いている生徒より、講義している私の方が楽しんでいたのではないか、と思います。

 冬も是非やりたい、と思っています。

 b8月16日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/08/13 Updated

PTS東京会場の講義

 8月15日から8月18日まで、PTSの東京会場での講義があります。
 私がやりたかった、「ハイレベル医系数学」、「東大京大理系数学」を講義します。東京でこのレベルの講義をする機会は少ないので楽しみです。受講生の方には、ハイレベルな定松の数学の世界を楽しんでもらいたいと思います。
 また、「整数」、「ベクトル」も難関大学バージョンで講義します。私の得意分野である「整数」「図形」を生徒のみなさんにも楽しんでもらいたいと思っています。
 
 ほんとうに当日が待ちきれない気分です。

 若干名ですが、今から申し込めますので興味ある人はPTSにメールください。

 8月13日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/29 Updated

無料体験講義

 PTSの方で「無料体験講義をして欲しい」とのことで、東京と福岡でやることになりました。福岡は桜坂の教室がありますから完全に無料ですが、東京は会場を借りてやるため、受講生から1000円の費用を取るとのことです。ちなみに、私はボランティア(無報酬)です。ただ、無報酬だからといって、手抜きはしません。

 東京が6月18日で、福岡が7月11日、7月12日です。‘報酬なし’講義でも、私は教壇に立って講義するのは大好きなので、たくさん講義ができて楽しみです。
 
 東京会場での体験講義では、東大京大理系数学、難関医学部数学といった難関向けの数学で、難関突破において「合否を決める問題とは何か」を伝えたいと思います。

 難関向けの数学はもちろんですが、今回は『ベクトルと空間図形』を楽しんでもらいたいと思っています。『定松のベクトルの世界』に招待したいと考えています。時間のかかりそうな空間図形の問題が、『定松の世界』では数秒で片付いてしまうことも多々あります。十分に楽しんでもらえるものと思います。
 
 
  5月29日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2008/12/05 Updated

冬期講習会が楽しみです。

 2学期最後の講義が終了しました。すべての講座がぴったり時間通りに終了し、ほっとしております。

 来週から冬期講習会が始まります。今回は、私の念願だった東大京大理系数学、難関医系数学の講義もあります。ハイレベルなため需要の少ない講座です。そのため実現が難しかったのですが、このたび、PTSの協力で、東京で実現しました。すごい講義をしよう!と今から楽しみです。生徒より盛り上がっているのではないか、と思います。受講した生徒が「受けて得した。」と言ってくれるような講義をしたいと思います。

[PTSでの講義]

コメント(1)  |   コメントを書き込む