元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2013/04/10 Updated

京都大学の医学博士(第2弾)

以下は、京都大学の医学博士からいただいたメールの一部です。大学を卒業してからも数学を学びたいと考えておられる方に参考になる話です。

『 数学という教科の面から見れば頭の体操ということになりますが、論理的に説明する、分かりやすく説明する、道具を検討しその利点欠点を知りながら組み立て応用して行くという一連の講義の流れは、頭の体操・趣味にとどまらず研究の計画・プレゼンにも有用であると思います。

 さらに基本的な考え方・解き方の中にも美しさを感じさせるのが定松先生の講義ですので、わくわくしながら学べる点、なかなか他に代わりを見出せるものではないように思います。』

 このメールは私の貴重な財産です。これを見るたびに、「さらに、いい講義をしよう」と思い、教授法の研究を続ける気になれるものです。

 4月10日    定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/29 Updated

大分大学医学部の学生

 今日、私の教え子で現在大分大学医学部の学生が私の福岡桜坂教室を訪れました。数学の質問を2つ持ってきていました(医学の勉強はどうしているのかな?というツッコミができそうですが、、、、)。だれに聞いてもわからなかった、と言っていました。私が説明すると、とてもうれしそうにしていました。

 彼は、4月から医学部の3年生になるのですが、彼がいかに優秀であるかは、彼の言った言葉からわかります。その言葉は、「1年2年の医学の勉強は覚えることだらけで、頭を使っていないので、思考力がにぶりそうで怖い。だから、数学をやって、それを補いたい。」です。きっと、多くの人は医学の勉強をしている学生をみて、「頭を使っている」と思うでしょうが、彼はあっさり「頭を使っていない」と言ってしまえるのです。彼の言う「頭を使う」とは、覚えることを言うのではなく、考える、創造することを言うのです。こんな優秀な生徒をもって光栄です。

 医学の勉強は、最初は覚えることが想像以上にたくさんあります。それを乗り越えれば、思考力が必要な勉強に変わります。私からのアドバイスは、「今は覚えることが多くてたいへんだけれど、それを乗り越えたら、君が得意とする、思考力、想像力、体系的に物事考える力が必要になってくる。そのとき、君がこれまで努力して鍛え上げた思考力が役に立つよ。それまでは、がんばろう。」でした。

 実は、彼もネット配信で私の数学の講義を受ける、と言っていました。京都大学の医学博士もそうですが、数学はそれだけの魅力のある学問であり、さまざまな学問の基礎となる学問でもあるのでしょう。社会人になって、必ずしも数学を必要とする仕事をやっていなくても、数学を勉強したい人たちはたくさんいます。その人たちの心にも届く数学を心がけたいと思っています。

 3月29日   定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/22 Updated

京都大学の医学博士(第1弾)

 私の教え子には優秀な生徒がたくさんいますが、そのなかでもずば抜けて優秀な元生徒に京都大学で医学博士をやっているものがいます。その元生徒の趣味が面白い、いや、変(私から言われても、、、という突っ込みがありそうですが、、)なのです。それは、数学の勉強です。彼は、本業の医学の研究の合間に数学の勉強をしているのです。きっと、本業の気分転換に「数学でも勉強しようか」となるのでしょう。私も、他の勉強で疲れたら、「気分転換に数学を勉強しよう」でしたから、気持ちがわかる!共感できる!なのですが、これは、少数派であり、異端であろうと思います。世間一般の共感は得られそうにありません。

 実は、今回のネット配信の数学の講座を一番最初に申し込んだのは、彼です。びっくりしました。もちろん、大学受験の目的ではないです。ただ、「数学の勉強したいから」なのです。こんな元生徒がいることを誇りに思います。私も、その生徒に評価してもらえるような深い内容の数学を発信したい、と思いました。彼が聞いていることにより、私もいい意味でプレッシャーになり、いっそうの努力をすることと思います。

 彼の話は、受験生のみなさん、すでに社会人になった人にもためになる話がたくさんありますので、今回は『第1弾』とし、今後も話題にしたいと思います。

 3月22日    定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/13 Updated

理傾膤兵圓反事

今日は理靴帽膤覆靴神古未反事をしました。食事のときの話題は「高等学校のカリキュラム」です。彼が、「自分にできるかどうかはわからないけれど、自分の出身高等学校の改革をしたい。いまだに昔からやっている方法にたよっている。カリキュラムを変えれば合格率はもっと上がる。」と言っていました。自分の合格に酔いしれることなく、これからの母校のこと、その母校にいる後輩のことまで考えていることに感動しました。
この生徒の理傾膤覆帽弩イ任たことは、私にとっての喜びであり、また、誇りです。
3月13日    定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/03/11 Updated

東大理傾膤

PTSの西日暮里教室から予定通り東大理靴帽膤覆靴泙靴拭昨年の西日暮里教室は私の体調不良もあり、単科ゼミの講座を開くことができませんでした。私の講義に期待してくださっていた生徒さんにはずいぶん迷惑をかけました。ただ、東大理型学の選抜試験合格者には、選抜試験に合格したにもかかわらず講座が開かれないのは・・・ということと、幸いにも合格者がひとりだけであったこともあり、私の体調にあわせて不定期に講義を行いました。
その生徒がみごとに東大理靴帽膤覆靴泙靴拭
本年度も理型学を行う予定ですが、昨年と同様、選抜試験をきびしくして、そのレベルの数学の講義についていける生徒に限定するつもりです。そして、来年も理傾膤蔑┌隠娃亜鵑箸いΔ△蠅┐覆い茲Δ糞録をつくりたいと考えております。
3月11日   定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/10/31 Updated

お詫び

 一時、ファンサイトのホームページが開かれない状態にあったみたいです。申し訳ありませんでした。本日、復帰いたしました。いつも、見てくださっている方に、この場を借りて、お詫びとお礼を申し上げます。
 10月31日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/07/04 Updated

数学的帰納法

 数学の重要な証明法の中に『数学的帰納法』があります。この証明法は、使用されている文字が整数のとき有効で、主として、他によい証明法がないとき使われることが多いのです。
 私が学生のとき、教師に「数学的帰納法はどんな時に使用するのですか?」と聞いたら、「他の方法でうまくいかなかったら使うんだよ!」と教えられました。でもここで大きな疑問があります。他の方法でうまくいかないとき、数学的帰納法でもうまくいかない、なんてことはないのでしょうか?数学的帰納法でうまくいくという保証はあるのでしょうか?そう思って私なりに研究してみました。そうしたら、数学的帰納法では証明できない問題もたくさん存在することがわかりました。つまり、先ほどの教師の説明はデタラメだったのです。
 他の方法でうまくいかないから数学的帰納法でやるのではありません。数学的帰納法を使ってうまくいくか否かは最初からわかっているのです。使ってある文字が整数でも、数学的帰納法で証明できない問題も大量にあるのです。これがわかっていないと、使っても解けるはずのない問題に数学的帰納法を使って証明しようとしてしまいます。これが本番の試験ですと、無駄な時間が過ぎ去ることになります。
 7月1日に行った東大理型学選抜試験の【3】はそれを正しく理解しているか否かを問う問題でした。理靴任覆ても東大を目指しているのなら、このくらいは答えられないといけません。今回の問題は夏期講習会の東大理系数学(東大理型学ではありません)に入れましたので、理啓験生でなくても東大理系数学で解説しますので、楽しみにしてください。
 7月4日   定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/02/06 Updated

教え子との食事会

 昨日は、昔の教え子で社会人になって活躍している人と食事会をしました。今は医者でかつ国の役人です。今後の日本をよくしてくれる活躍ぶりに、本当に教師やっててよかったな!と感じました。教え子が活躍している姿を見るのは、なりより幸せなことです。
 私が代ゼミをやめたことに関して、予想以上の反響があったのですが、代ゼミはやめましたが、教師をやめたわけではありません。全国で講演をして、私が目指している教育を伝えていきたいと思っています。

 2月6日   定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/11/12 Updated

久しぶりに更新します。

 長く休んでいました。忙しかったこと、体調があまりよくなかったこと、など、、、の理由で、ブログを休んでいました。久しぶりに更新します。
 
 別解のコーナーも更新します。今まで、別解のコーナーは、学期の講座については、『本質がわかる数学毅銑僑臓戞◆慄楴舛わかる数学沓叩戞◆悒札譽ト理系数学1集』の3つだけでしたが、2学期から、文系の生徒さんからの要望が多かった『数学毅銑僑臓磽繊筍噂検戮鯆媛辰靴泙后
 難関文系を目指す文系の生徒さんにも楽しんでいただけたら幸いです。

 11月12日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/08/08 Updated

今月の問題の更新

 今月の問題は、『数列の極限』です。数学Cの範囲ため文系の方には不要です。理系の方には、最重要の項目だた思います。教科書にはないテクニックを紹介しますので、期待してください。
 「今月の問題」のコーナーに載せますので、そちらを開いてください。

 8月8日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/07/06 Updated

今月の問題

今月の問題を更新しました。
今月は正弦定理、余弦定理、について解説したいと思っています。特に、教科書ではあまり触れていない『第1余弦定理』について説明します。興味がある人は、「別解と今月の問題」のコーナーを見てください。

7月6日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/17 Updated

ボランティアのアシスタント募集

 東京またはその近郊に住んでいる人で、ファンサイトの事務のお手伝いをしてくださる方を募集します。パソコンとプリンター、スキャナが自宅にある人に限定させてください。
 
 私はパソコンの扱いが苦手です。2年前にやっとメールとネットオークションができるようになりました。まだ、プリンターもスキャナも使えません。東京にいるとき、載せたい原稿があっても、すぐに載せることができません。その手伝いをしてくれる人を募集します。

 ボランティアですから報酬は0円です。ただし、PTSでの東京会場での受付、資料の整理など、PTSでの仕事にかかわる場合は、PTSの方からアルバイト料が支払われます。

 希望される方は、以下の住所に写真付き履歴書を郵送してください。とりあえず、6月15日を締切りとして募集します。採用、不採用の連絡をメールにておこないますので、メールアドレスを必ず書いてください。

 〒810−0024
福岡市中央区桜坂3−8−1 アーバンライフ桜坂303号  プロジェクトシアターゼミナール 「定松先生」係


 この件に関する質問などあれば、コメントの欄に書き込んでください。後ほど、私がコメントに関して返事をします。

  
 5月17日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/14 Updated

相反方程式

 『今月の問題』で相反方程式をとりあげたいと思います。私が発見した面白い解法もあります。学生の方だけでなく、このブログを見てくださっている全国の数学の先生方にも参考になる内容をのせるつもりですので、楽しみにしてください。
 
 今月と来月で、『独特の解法をする整方程式』を特集したいと思います。具合的には、『相反方程式』と『複2次式の方程式』を予定しています。

 第1弾は、5月17日(日曜日)に投稿予定です。もうしばらくお待ちください。

 5月14日     定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/14 Updated

回文

「トマト」、「キツツキ」、「しんぶんし」、「たけやぶやけた」などのように、上から読んでも下から読んでも同じになるものを回文と言います。6文字の回文でいいものがないか?と探しています。

私は、相反方程式(今月の問題のコーナーに詳しく載せています)で、2次、3次、4次、6次のものの愛称として、『トマト方程式』、『キツツキ方程式』、『しんぶんし方程式』、『たけやぶやけた方程式』と呼んでいます。ところが、5次の相反方程式の適切な愛称がなくて困っていました。ファンサイト事務局に、「公募すればいい」とアドバイスをしてもらいました。

 そこで、公募することにしました。いいものが見つかった方は、ファンサイト事務局あてにメールください。『〜方程式』(〜の部分が6文字の回文です)という形で使うことを考慮して、いいものを見つけてください。

 なお、採用された場合は賞品がでるらしいのですが、賞品、応募方法、募集期間などの詳細は5月16日(土曜日)の夜にファンサイト事務局より発表される予定です。

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/04/13 Updated

引越ししました?

  最近、引越ししました。といっても、今の家はそのままで、荷物の一部を別の家に運びました。したがって、『引越し』と言うのかどうか、、、、?
 実は、荷物が増えすぎて、家族が住めるスペースが小さくなりましたので、今すぐには必要でない荷物を移動させたのです。私の家は荷物が多く、一部の荷物といっても、普通の3LDKのマンションの引越しの荷物の量がありました。大型のトラックにいっぱいの荷物でした。これが、家族の住むスペースを狭くしていたのです。引越しした後は、「部屋がこんなに広かったのか?」と叫んでしまいました。
 サカイ引越センターにお願いしたのですが、レベルの高さにびっくりしました。私が引越しするのは今回で30回くらいになります。回数が多い分、引越し屋も毎回変えて、気分転換をしています。回数が多いため、「大満足でした」もあれば、「二度とこの業者には頼まないぞ」もあります。1年前に引越したときの業者が、「2度と頼まないぞ」と言いたいレベルだったので、今回は初めて複数の業者に見積りを出してもらいました。(過去は、その日の気分でひとつの業者だけに頼んでいました)。今回、『引越しは、複数の業者に見積りを出してもらうべきだ』と悟りました。なにしろ、業者によって、金額もサービスの内容も全く違うのです。金額においては、高い業者は安い業者の3倍を越えていました。「せいぜい、5割増しくらいの違いだろう」と思っていたら大間違いでした。電話帳で「安い」と宣伝していたある大手の業者は、サカイ引越センターの価格の2.5倍でした。チラシに「大手にはないサービスと価格」とあった地元の業者は、サカイさんの2倍でした。こんなに違うとは、、、、それまでは、一社に決めていたので、その業者の決めた金額でお願いしていたのです。きっと損をしてきたのだと悟ったのです。みなさんも、引越しは複数の業者に見積りをおねがいしましょうね!金額の違いにびっくりしますよ!
 サカイ引越センターは10年前にも利用したことがありして、その時も好印象でしたが、今回はさらによかったです。ハード面もレベルアップしていましたが、ソフト面も大満足でした。ここ5年でも何回も引越ししていますが、頼んだ引越し屋の中で最上級の満足でした。
 引越し屋の世界は「荷物の梱包の仕方」「荷物の運び方」「アフターサービス」など、日々進化しています。あまりの進化にびっくりしました。引越し屋の宣伝をしたいわけではありませんが、レベルの高さにびっくりしたことは事実です。予定していた金額より安かったにもかかわらず、「この金額で、ここまでやれるか!」といったコストパフォーマンスのよさを感じました。正直言って、サカイ引越センターは、また利用したいと思いました。

  4月13日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/03/06 Updated

2009年度の講義始めました。

 昨日(3月5日)、PTSでの春の体験講義を行いました。個人指導の無料体験講義でしたが、久しぶりの講義で興奮しました。私は講義していないと、「ただの人以下」ですら、、、無料でいいから、講義したい!!!
 
 無料体験講義は大歓迎です。希望者はPTSに連絡ください。なお、東京でも、日程があえば、無料体験講義対応します。ただし、4人以上の団体(同じ高校の生徒たち、同じ大学を目指す友人たち、など、、、)に限定させてください。人数が4名以下(1人でも可)の場合、交通費と宿泊費を払っていただければ対応します。
 
 なお、福岡と東京以外でも、交通費、宿泊費を払っていただければ、日本国内であれば、離島でも行きます。とにかく、講義がしたいのです。私は講義をしているときが一番幸せです。

 2009年 3月6日    定松 勝幸

[その他]

コメント(3)  |   コメントを書き込む

2009/02/26 Updated

九州大学、熊本大学入試

 昨日は九州大学の解答速報(本日の朝刊に載せるもの)を書きました。これで、私の2008年度(2008年3月〜2009年2月)の全日程を終了しました。
 九州大学は例年と同じレベルだったのですが、熊本大学が、ここ10年間で見ても最高レベルでした。特に、予想はされましたが、医学部専用(今年から医学部医学科のみ別問題)の問題は、いままでの熊本大学にはなかったレベルでした。
 私はいいことだと思っています。それまでは問題がやさしすぎて、数学が得意な人には不利であったのが、このレベルですと、数学が得意な人に有利になります。平均点がかなり低いと予想されますから、数学が得意な人は、大逆転のチャンスです。センター試験の失敗がマイナス100点程度だと、2次で簡単にひっくり返せます。逆にセンターでアドバンテージがあった人でも、数学が苦手なら、そのアドバンテージはすぐ消え去ります。賛否両論あると思いますが、私は好きです。
 
 2009年 2月26日   定松 勝幸

[その他]

コメント(6)  |   コメントを書き込む

2009/02/18 Updated

忙しすぎ

 忙しすぎて、ブログの更新ができませんでした。頻繁(ひんぱん)に訪れてくださっている方に申し訳ないと思っています。

 2月25日の国立大学の入試までは、個人指導の依頼が殺到し、対応しきれない状況でした。逆にそれを過ぎると、これといった予定がなく、暇な日が続きます。誰か指導して欲しい人はいませんか?状態です。

 私は講義するのが大好きです。書くのは苦手です。(参考書を書かないのもそうです。)直接、生徒と接して、講義すると、その場で、生徒の反応をみることができますから、楽しいのです。今まで一度も理解できなかった問題を私の講義により理解させたときの快感はたまりません。
 家庭教師として生徒の家庭で教えるときも、特設の教室を作ってもらって(ホワイトボードを置いてもらうようにしています。)そこで講義します。普通の家庭教師は、生徒の隣に座り、生徒の机の上で紙に書いて説明をするのでしょうが、私は黒板(ホワイトボードでも可)があった方が乗れます。生徒ひとりに対して、生のライブをやるのです。私は観客がいるのは大歓迎で、ご両親、ご兄弟にも「よろしかったら、見てください。」とお願いします。講義をしているときは、かなり幸せです。だから、講義がなくなると、少し寂しくなるのです。

 2009年 2月18日   定松 勝幸

[その他]

コメント(3)  |   コメントを書き込む

2009/01/25 Updated

航空機に雷が落ちた

 本日、東京から福岡に帰る航空機に雷が落ちました。すごい音と、青白い閃光が走りました。雷が落ちたのは、久しぶりです。
 航空機は、雲の中を通り抜けるので、雷が落ちる可能性があるため、雷が落ちても大丈夫なように作られています。
 乗っていた人の中には怖かった人も多かったと思いますが、私はこの自然現象は大好きです。私は幼いころから雷が大好きで、雷がなると窓にくっついて雷を見ていました。あの青白い閃光は魅力的です。

 このようなことから、航空機の到着が大幅に遅れ、今、自宅に着きました。これから別解を更新しますので、12時過ぎるかもしれません。
 申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

 2009年 1月25日    定松 勝幸

[その他]

コメント(9)  |   コメントを書き込む

2009/01/01 Updated

座敷童子を見た!

 妻の実家でワインを大量に飲みました。前日1時間しか寝てない状態で飲んだせいで、激しい頭痛に襲われました。完全にダウンで、妻と子供だけ初詣に出かけました。

 ほんのわずか寝たのですが、廊下をどたばた走る音で目が覚めました。きっと息子が初詣から帰ってきたのだと思い、部屋のふすまを開け、廊下にいる子に向かって、「帰ってきたなら教えてよ!」と声をかけました。後姿しか見れなかったのですが、うちの息子ではありませんでした。うちの息子は11歳ですが、その子はうちの息子より背が低く、5,6歳くらいに見えました。一瞬、びっくりしました(息子以外の子供がいるはずがないのですから、当然です。)
 もしかしたら、座敷童子(ざしきわらし)かな、と思い、「座敷童子?」と声をかけました。その子供は何も言わないで、廊下を走って消え去りました。

 人生で初めて、おばけを見ました。感動です。
 
 私は、おばけとか幽霊とか科学的には証明されてないものは信じていません。そのため、肝試しは強かったのです。大学時代、サークルの仲間と墓場で肝試しをやったとき、全く怖がらなかったのは私だけでした。その時、私は、「幽霊がいるのなら、話がしたい。」と言ったくらいです。

 こんな人間は幽霊を見ることは困難です。幽霊を見たことのある人のほとんどは、ほんの少しでも幽霊がいると思っていたはずですから。
 私が幽霊らしきものを見たら、何が幽霊に見えたのかを科学的に解明するはずです。言うまでもなく、最初から幽霊とは思っていません。

 今回の座敷童子は、科学的には理解できます。睡眠不足と激しい頭痛の中、耳鳴りがしていた。それを物音と勘違いし、さらに、出かけていった息子が帰ってきて、駆け回っている(いつも家で駆け回っていますから、いつもの光景です)と勘違いし、幻想を見てしまった、と思います。

 座敷童子は存在していなかったのです。しかし、『座敷童子(?)を見た』は真実です。少なくとも後姿は見ました。幻想の中ではありますが、、、、

 新年最初のブログがこれか?と思っておられる方も多いと思います。私もこんなことになるとは思っていませんでした。でも、「自分は一生、おばけなんて見れない。」と信じていたので、おばけが見れて、何か少し幸せな気分です。
 
 2009年1月1日     定松 勝幸

[その他]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2008/12/29 Updated

熊本です。

12月25日から12月30日まで熊本で講義です。
そのため、プリンターがないので、別解、今月の問題の更新ができません。12月30日の夜に自宅に帰り、12月31日の午前中、事務局に寄って更新してもらいますので、よろしくお願いします。

[その他]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2008/12/24 Updated

息子の誕生日でした。

 本日(12月24日)は、息子の誕生日です。クリスマスといっしょの時期のため、注文した誕生ケーキに「お誕生日おめでとう」ではなく「メリークリスマス」と書いてあり、がっかり!注文したときに、「誕生日のケーキです」とはっきり言ったのに何で!
 もちろん、その部分だけ作り直してもらいました。

 プレゼントはクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントの両方をあげています。もちろん、ラッピングはそれぞれに応じて変えています。

 遅れていました今月の問題はこれから更新します。

12月24日(水曜日)    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2008/12/21 Updated

お待たせしました

あまりの忙しさに、投稿をサボっていました。訪れてくださった方にご迷惑をかけましたことをお詫びします。
本日の夜より、再開します。今月の問題、別解も更新します。よろしくお願いします。

[その他]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2008/12/03 Updated

少し体調を崩して迷惑をかけました。

 少し体調を崩しました。そのため、別解と今月の問題の更新ができておりません。楽しみにしていた方に申し訳ないと感じております。もう少しお待ちください。

 明日と明後日で代々木ゼミナールの2学期の講義が終了します。明日は生徒に迷惑をかけないように、最高の状態で臨みたいと思います。
 私は勉強を始めると時間が経つのを忘れて、午前3時、4時にすぐなります。出来上がっていない原稿もありますので、もう少し仕事をしたいのですが、明日の講義のために、本日は夜更かしをせずに、もう寝ます。おやすみなさい。

[その他]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

2008/11/23 Updated

事務局への励ましのメールに対するお礼

 お恥ずかしいことに、私はパソコンが苦手です。2年前に初めてパソコンを買いました。妻は持っていましたが、私は扱い方がわからないので、必要に迫られると、妻にお願いして、やってもらっていました。時代についていけない状況でした。
 
 今は、少し進歩して、メールとネットオークションが出来るようになりました。また、ノートパソコンを持ち歩くようになりました。でも、スキャンして画像を取り込み、メールで送ったり、それを別の場所に移したりはできません。

 そのため、ファンサイト事務局がなければ、何もできません。ブログの文章だけは自分で書けますが、画像があると、私ではどうすることもできません。さらに、今月の問題・別解のコーナーでは、私の手書きの原稿を載せるため、私は事務局に原稿を持っていくこと以外は何もしていません。そのため、別解のコーナーはすぐには更新できなくて、更新予定日を書いているのです。事務局に原稿を持っていく予定日なのです。

 事務局が仕事をしてくれるので、ブログも別解も更新できるのです。

 私がそんな状態と知っている人からでしょうが、事務局あてに励ましのメールがありました。事務局のことまで気遣ってくださったことに深く感謝しています。この場を借りてお礼申し上げます。

 2008年11月23日   定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2008/11/21 Updated

今月の問題、別解のコーナーについて

 私は筆不精です。講演料と原稿料で生活している人間としては、恥ずかしい話ですが、書くのが苦手です。代々木ゼミナールでは、講習会のテキストの原稿の提出が遅く、担当者を困らせています(担当者へ:いつも遅れてごめんなさい。反省しています。)。数学の参考書の執筆を始めたのは20年前ですが、いまだに一冊目が出来上がっていません。ほんとうに情けない話です。
 
 この私の状況を見て、事務局が、このコーナーを作ってくれました。参考書となるとある程度まとまったものができないと提出できないですが、ホームページのひとつのコーナーですと、1題だけでも載せることができるので、筆不精の私でもできるのではないか、というのです。そこまで気を使わせて本当に申し訳ないと思っております。事務局の期待、および、この別解のコーナーを楽しみにしている全国の受験生の期待に応えるように努力したいと思います。よろしくお願いします。

 2008年11月21日   定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2008/11/18 Updated

ブログを始めました。

 本日よりブログを始めました。ここに至るまでずいぶん時間がかかりました。きっと、私だけでは何年経ってもブログは始まらなかったと思います。しかも、私のために、このブログとは別に、数学を語る場(別解と今月の問題のコーナー)を作っていただき感謝しております。この場を借りて、事務局の方々に感謝します。

 事務局の方からは、「数学の先生でない定松先生を見せてもらいたい。」と言われました。どれだけ期待に応えられるかわかりませんが、このブログでは数学の話題は控えめにして、講義では語らない話題を書くように心がけたいと思います。

 できるだけ更新するようにしますので、よろしくお付き合い願います。

2008年11月18日   定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む