元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2008/11/24 Updated

今日はお休みでした。

 本日(11月24日)はお休みでした。いつもの月曜日は熊本で講義をしております。本日は自宅でゆっくり家族といっしょにDVDを見ながら過ごしました。DVDはインディ―ジョーンズとナルニア王国です。いずれも最近発売になったDVDです。
 
 私は期限を過ぎている原稿を抱えていましたので、それをやりながら見ました。
 数学以外のことを2つ同時にこなすのは困難ですが、1つが数学ですと、もう1つのこととは同時にできることが多いです。 テレビを見ながら数学の問題を解く、人と会話をしながら数学の問題を解く、などです。数学の問題を解くときの正確さ、かかる時間は、数学だけやっているときとほとんど変わりません。
 英語の勉強をしながらテレビを見ますと、テレビだけ見ているか、テレビの内容はまったく頭に入らないか、のいずれかで、すごく効率が悪いのです。英語の勉強は英語に集中するようにします。他の学問も同じです。数学だけは別で、小さい頃から好きだったせいか、「勉強するぞ!」と構えなくても、他の事をやりながらでもできるようになったのだと思います。

 これは幸せなことかもしれません。数学の勉強をすることに何の苦痛も感じないし、他の事をやりながらでもできるのですから。受験生の中には、数学を勉強することが苦痛であるひとがたくさんいます。その人たちに申し訳ないなと感じることもあります。『好き』は学問上達の最大の武器かもしれません。

 さらに、好きなことやって生活ができることは、最大の幸せだと思います。世の中には、今やっている仕事が好きな人ばかりではありません。生活のためにしかたなくやっている人も多いはずです。私は好きなことをやっているので、仕事に関するストレスがまったくありません。あえて言うならば、原稿が期限内に提出できなくて、言い訳に困るときに生じるストレスくらい(自業自得で私が悪いのですが、、、)です。

 「幸せですか?」と聞かれたら、ためらうことなく「幸せです。」と答えます。こう言えることは、本当に恵まれていると思います。好きな数学の勉強をして生活できる、それは、私の講義を聴きたいと言ってくれる生徒がいるからです。私の講義を聴きたい生徒がいなければ、好きな数学の勉強はできても、生活はできないと思います。私は、『私を必要としてくれる生徒に支えられている。』と感じています。私は数学の教師以外にもやりたいこと、すでにやっていることがありますが、今は数学の教師が主です。私の講義を受けたいという生徒がいるうちは、もうしばらく数学の先生を続けようと思っています。よろしくお願いします。

  2008年11月24日     定松 勝幸
 

[定松先生の人生観]

コメント(4)  |   コメントを書き込む

コメントを入力

タイトル

コメント

ご氏名 

この記事に対するコメント

ぜひ問題・別解にもコメント欄を

サイト開設おめでとうございます。 定松先生の講義に感動し、参考書はないのだろうかと探したこともありましたが、見つからず、なぜないのだろうと不思議に思っておりましたが、そこまで筆不精でいらしたとは(笑) なのでサイト開設はうれしい限りです。 毎回別解を楽しませてもらっておりますが、そちらにはコメント欄がないのがもったいない!!つけていただけないでしょうか。

2008/11/29 本科・単科受講者

早速サイトにアクセスしてみました

今日の5時限の本質の単科1A2Bでアドレスを聞いて投稿させて頂きました。  春季から本質が分かる数学1A2Bを地方のサテで受講しています。私立文系数学なのでBの範囲の数列やベクトルが出ると理解出来ないのが残念ですが毎回の基礎を掘り下げた講義を楽しみにしています。  先生の数学のギャグや楽しそうに授業で話している姿は数学の奥深さが分かるようで嬉しいです。来週の最後の2学期の講義楽しみにしています。  

2008/11/28 地方の本質数学毅銑僑村講者

山田 周平様へ

コメントありがとうございました。私も、今の自分に満足しないで進化し続けたいと思っています。お互いがんばりましょう。

2008/11/26 定松 勝幸

お疲れ様です。

初めてコメントさせていただきます。 定松先生の授業を見ていますと、子供が楽しそうにお絵描きをしているようです。 受験数学を解いているとは思えません。 受け手からすれば、何か楽しそうだなあ〜、面白そうだな〜という興味を持ち、話に聞き入ってしまいます。 人に教える、伝える事が自分が好きな事であるなら自然と全身に出てしまうものですよね。 もちろん、好きだからだけでは人に教える事は出来ません。 その好きな事に自信があって何を聞かれても答える事ができなければいけませんよね。 責任が生まれるからです。 私はまだ若輩者で、胸を張って人に教えること等あまりありません。 考えても何も出てこないので、がむしゃらに前に進み何か一つ自信を持ってこれだと言えるものを見つけたいと思います。 その時に私も先生のように『仕事をしていて幸せだ』と言いたいです。 今週も授業がんばってください。

2008/11/24 山田 周平