元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2009/03/24 Updated

代々木ゼミナール熊本校での体験講義

本日(3月24日、火曜日)は、代々木ゼミナール熊本校での体験講義でした。60分だけの短い時間ですが、話したいことは伝わったのではないか、と感じました。
講義で取り扱いました問題の別解は、『別解、今月の問題』のコーナーに載せますから、受講した生徒さんは見てください。

[代ゼミでの講義]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

コメントを入力

タイトル

コメント

ご氏名 

この記事に対するコメント

恩師 定松先生

ふと、「代ゼミの定松先生はどうしているのだろうか」と思い、インターネットで検索してみたところ、今もご活躍の様子で嬉しい限りです。私は1989年に高校を卒業し、LA−3組(当時の東大コースの3組)で定松先生に出会いました。高校時代の数学の偏差値は40もありません。でも、高校のクラスメイトは東大などに進む子が多かったため、自分も東大コースなぞに入りました。LA3組というのは実質一番低いクラスだったわけですが、幸運だったことにそこのクラスではサダマツ先生の数学の授業を受けることができました。初回の授業からびっくりしました。あまりにもわかりやすかったからです。教科書よりも基礎からわかりやすく教えてくださり、そして超難問にも応用がきくように教えてくださった感動は忘れられません。20年たっても今でも時々先生のことを思い出し、「またサダマツ先生に数学を習いたいなぁ」と思ってしまうくらいです。結局、浪人時代に、数学は私大模試で偏差値86をとったのが最高なまでになりました。常時70は超えるようになり、大学入試でも満点を取ることができました。本当に先生のおかげです。今、私も教育の世界でがんばっています。いつの日かまたどこかで先生にお目にかかれたら嬉しいです。20年前は先生は、お体を壊されるときもありました。くれぐれもお体に御自愛ください。先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。先生の大ファンより。

2009/03/25 今村