元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2011/04/30 Updated

東大理型学合格者

東大理型学の第3回目の試験が4月29日に行われました。今回は、1次変換を出題しました。テーマは『原点を通らない不動直線』です。【1】は行列を用いて解いた解答がほとんどでしたが、行列を用いて解くと大変です。1次変換の線形性を利用すれば3分あれば解けます。【2】は不動直線と行列の固有値との関係を聞いてみました。かなりのできの悪さでした。今回の合格者は1名で、そのため、1学期の東大理型学は2名でスタートしました。5月7日に最後の試験がありますから、ここで合格者が出るか楽しみです。
 4月30日   定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(2)  |   コメントを書き込む

コメントを入力

タイトル

コメント

ご氏名 

この記事に対するコメント

「天罰屋クマ」さんへ

夏期講習会の東大理型学では、関東地区以外からの受講生がいると思います。今のところ、北海道から、名古屋から、大阪・神戸から、九州から、と既に希望者からの問い合わせがありました。それらの生徒さんは、東京のホテルに宿泊して受講したい、とのことです。『東大理型学は、選抜試験に合格した者のみ受講できる。』という原則を変えるつもりはありませんから、夏期講習会のための選抜試験を実施する予定です。ただし、選抜試験のためだけに東京に来るのがたいへんな人には、課題を与えて(論文を予定しております)、合格点に達した生徒を受講生として認める措置をとります。また、2学期も選抜試験を行います。これは試験のみです。なお、1度試験に合格した生徒さんは、それ以後の東大理型学はすべて受講する権利があります。

2011/05/01 定松 勝幸

2学期の東大理3数学講座

5月7日(土)の選抜試験で、年に一度あるかないかのアレヤー法が不発に終わる可能性が非常に高いので、2学期の東大理3数学講座で、一学期同様、選抜テストを実行していただくことは可能でしょうか? また、東大理3講座の夏期講習は、選抜試験を行うのでしょうか?それとも誰でも受講できるのでしょうか?

2011/04/30 天罰屋クマ