元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2011/08/30 Updated

予備校の責任

 『予備校はどこまで生徒に責任があるのか?』は私にとって今最も重要な問題です。代ゼミにいたとき、何年も浪人する生徒をみてきました。しかも、教職員のなかには、「あの生徒また浪人しそうだね。来年もいいお客さまだ。」と平気で言う人もいます。来年合格するように指導しないのでしょうか? 
 でも、『生徒の合格までは責任を持たない』から受験産業はやっていけるのかもしれません。私は、それに対抗したいのです。必ず成績が上がる単科ゼミの講座、必ず合格する本科の講座、があったらいいと思いませんか?

 勉強することはいいことですが、大学受験に何年もかけることはいいことではありません。受験勉強はやる科目が限定され、幅広く学ぶことは難しいのです。私自身、講義をするとき、「本当はもっと深く話したほうが、受講している生徒にとって将来に役立つぞ。」と思っても、「これ入試に出ないし、、、」と思うと、話すのをためらってしまいます。どうしても合格させることを最優先に考えてしまいます。入試がなかったらもっと面白い話ができるのに、、、、と思うことも多いです。

 話を戻しますと、私が教える以上、1年で合格させたいのです。そして、勉強をたくさんしたいのなら、受験という制約のない環境で勉強させてあげたいのです。何年も浪人させたくないのです。

 私は、個別指導では、30年間で73人(3か月だけとか、入試の直前だけなどの短期を除く)の生徒を持ちましたが、合格率100%です。人生においてひとりの不合格者も出しておりません。もちろん、すべてが第一志望というわけではありませんが、大阪大学医学部を希望する生徒を神戸大学医学部に合格させた程度です。むしろ、逆が多く、第一志望校の偏差値よりも本人の偏差値が高くなり、第一志望校を滑り止めにすることもよくあることでした。私の目標は『第一志望校が滑り止めに!』です。最も面白い(?)ケースは、両親が私立医学部受験を考えて私に個別指導を依頼したのにもかかわらず、成績が上がりすぎて、社会や国語を勉強するゆとりも生じ、横浜市立大学医学部に現役で合格してしまったことです。もちろん、6年間の費用が大幅に安くなり、両親は大喜びでした。
 私の個別指導では、医学部の合格率は驚異的で本人が医学部志望であった場合は、100%の合格率です。歯学部や薬学部に変更させたことはありません。1年を通じて指導した生徒は次の年には、100%医学生です。

 もちろん、驚異的な合格率は、個別指導だからできたことです。でも、これを普通にしたいのです。そこで、PTS桜坂教室本科では、まず小人数で100%合格を実現させてみたいと思いました。5人以内の人数ですと、全員に対して細かい対応ができます。授業中の質問が自由で、わからないことはその日のうちにわかって帰る、が実現できます。さらに、確認テストはその生徒の能力に応じて作成する、などが可能です。生徒の授業の理解度をチェックするため、理解度確認テストなるものをやっている予備校は多いのですが、ほとんどの予備校(きっと、PTSを除くほとんどでしょう)は生徒全員に対して同じテストです。しかし、PTSでは、生徒が異なれば、レベルも異なり、志望校も異なるので、生徒全員に対して、その能力、志望校に合わせてテストも作成します。10人の生徒がいれば、10人ともテストの内容が異なるのです。これが、PTS本科です。100%合格をめざしているので妥協はしません。

 この、指導水準を東京会場でできないかと考えたのが、今回の3名限定の講座(これは日頃講座をとっている一部の生徒限定で募集したもの)です。この講座は、本科とは違い、1週間に1回か2回の指導です。毎日指導できるわけではありませんから、『100%合格の責任』まではもつことができません。しかし、少なくとも『驚異的な成績アップ』だけは保証したいです。この講座に関しては、成績があがらない人に対しては、責任のある対応を考えていくつもりです。

 なお、この講座は現在2名の希望者ですが、もう1名の枠がありますので、このブログをみて、この講座の存在を知った人で、そんな講座があるのなら受講したい、という人は9月3日までにPTSに連絡ください。

 私は「100%合格する本科」と「100%成績が上がる単科」をやりたいのです。ただし、そのためには、人数を限定し、料金も少し高く設定せざるを得ません。これに反対意見もあると思います。「いい講義を安い料金で受講したい。成績が上がるかどうかの責任は自分でとるから、安くすればいい。」というように。もちろん、それに対応するように東京会場の講座があります。その中の生徒さんから、桜坂教室並みの責任感をもった講座を設定してほしい、100%成績をあげてほしい、という要望があり、今回の3名限定の講座を設置しました。東京で2学期から、新しい試みをやってみたいのです。

 『受講すれば100%成績があがる。万が一、成績があがらない生徒がいたらあがるように対応する』なんて、いいと思いませんか?

 8月30日    定松 勝幸
 
 

[定松先生の人生観]

コメント(21)  |   コメントを書き込む

コメントを入力

タイトル

コメント

ご氏名 

この記事に対するコメント

「1学期受講生」さんへ

 特別講座は1日で完成する講座です。午前3時間と午後3時間の6時間完成か、どちらかだけの3時間完成を考え中です。1日完成にふさわしいテーマで希望するものがあれば、遠慮なくメールください。ファンサイト事務局あてですと直接、私に届きます。PTSは君のような生徒に支えられています。遠慮なく希望を述べてください。できるだけ実現できるように努力します。

2011/09/03 定松勝幸

「 定松先生の講座しかない」さんへ

 非常に温かいお言葉、ありごとうございました。さっそくPTS事務局にも伝えましたら、感動していました(少し泣いていた事務員もいたかも、、、?)。実は、一昨日からPTS事務局には同じ人から何通ものクレームのメールが来て、すごく暗い雰囲気だったみたいです。「値上げしないでください。」ならわかりますが、「値上げの理由を1000字以内で書け。」などと尋常ではないメールもありました。「値上げの理由を説明してください。」ならわかりますが、なんで1000字以内でないといけないのでしょうか?いったいあなたは何さまですか?と言いたい内容です。それでも、お客様には違いないので丁寧にメールを返したとのことです。PTSのスタッフはみんな安い給料で夜遅くまで働いています。桜坂教室は私立の医学部受験生が多いのですが、東京は国立大学受験生が多いため、私の講義を少しでも安い金額で提供しようとした結果、赤字を出すことになりました。みんないい人で、私の主義『受験生をカモにしない』『できるだけ1年で合格させる』を合言葉に一生懸命がんばっています。今回の値上げも苦渋の決断だったはずです。ご理解くださり、さらに温かい言葉や、エールまで送ってくださり、スタッフ一同感謝しています。ほんとうにありがとうございました。君の言葉にどれだけ癒されたか測り知れません。君のような生徒に私やPTSは支えられているのだと感じます。お礼をしたいのですが、大したことができるわけでもありません。冬期講習会の実現と、1月2月の直前講習会の実現だけは約束します。PTSが実現できないなら、私が、交通費、宿泊費、会場使用料すべて自腹で払っても、君との約束を果たします。さらに、私は君の来年の合格に関して精いっぱいの努力をします。君が合格しないと、『値上げしてでも講座を設けてよかった。』にはなりません。遠慮なく要望など言ってください。冬期講習会、直前講習会に関して希望する講座(単元別でも、大学別でもかまいません)があれば、ファンサイト事務局あてにメールください。私のみならず、PTSのことまで気にかけてくださり、ほんとうにありがとうございました。深く感謝しています。

2011/09/03 定松勝幸

「冬期の受講希望」さんへ

 値上げの件をご理解いただき、PTSに代わってお礼を申し上げます。ありがとうございました。お礼に何かしたいのですが、、、きっと、来年合格するように精いっぱいの講義をするのが最大のお返しだと考え、満足できる講義を心がけます。また、希望に従い、冬期講習会を必ず実現させます。PTSにも企業努力をしてもらい、夏期講習会と同じくらいの金額で実現させるように、説得します。冬期講習会の実現はこの場で約束しますが、金額の件に関しては約束ができないことをご了承願います。ただし、受講してくれた人たち全員が喜んでくれる講義をしますので、お許しください。ほんとうにありがとうございました。ささやかな、お礼ですが、君が冬期講習会に希望する講座で、今までにない講座(単元別とか大学別とか)があれば、ファンサイト事務局あてにメールください。実現に関して確約はできませんが、アンケート調査をするなどして、希望者を探し、まとまった人数が入れば講座として設定します。

2011/09/03 定松勝幸

2学期東京単科講座について

ご回答ありがとうございます。 2学期もよろしくお願いします。特別講義も楽しみにしております。

2011/09/03 1学期受講生

「 1学期受講生」さんへ

貴重な意見ありがとうございました。『値上げがやむ終えないのは分かりましたが、・・・・・・なるべく沢山の先生の講義をお聞きしたいので。』に関してですが、今回の講座に関してはとりあえず90分でいくことに決定し、テキストも作成中ということでご了承願います。ただし、私の講義を楽しみにしていてくれる生徒さんがいる以上、できるだけのことはしたいと思います。とりあえず第1段として、祝日などに特別講義を設けます。もちろん、有料になりますが、『純粋に定松先生の講座を受講したい』という生徒の希望を聴いて多くの生徒さんが喜んでいただけるような講座を臨時で設けたいと思います。第1回目の講義の際、アンケートをとり、その内容で講座をつくりたいと思います。できるだけ、集団授業になり安くなるように努力しますが、人数によっては、集団講義が実現できない場合があるかもしれませんが、ご了承願います。

2011/09/03 定松勝幸

PTSがんばれ!

僕も「冬期の受講希望」さんに賛成です。家は決して裕福でないので、値上げはうれしくはありません。しかし、定松先生の講義なしで来年の合格はありえないと思ってるので、講座がなくなることのほうが深刻です。定松先生のおかげで苦手な数学の成績が少しだけ上がりました。これからも講座を受けて、復習し、自分のものにできれば、もっと成績は上がりそうです。だから、どうしても講座を続けてほしいのです。受験に失敗したら、さらに1年の受験勉強をする必要があります。そこにかかるお金を考えたら、今回の値上げだけで定松勝幸先生の講義を聴けるのですから、喜んで受け入れたいと思います。もちろん、お金を払うのは親ですから、えらそうなことはいえないかもしれませんが。(説得力なくてごめんなさい)。  僕も冬期講習会を楽しみにしていますから、ぜひ冬期講習会の東京会場を実現してください。料金が高くなるのは少し困りますが、講座がなくなるのはもっと困ります。来年合格したいのです。よろしくお願いします。PTSもクレーマーに負けないでください。必ず、冬期講習会さらに、1月2月の直前講習会を実現させてください。

2011/09/03 定松先生の講座しかない

冬期講習会もお願いします

 2学期に関しての値上げに関しては、私は妥当だと思います。失礼ながら、1学期が安かったので、この金額でやっていけるのか、不安でした。大手のように1つの教室に何十人もいればそれでもやっていけるでしょうが、あの人数では赤字がでないはずがない、と思っていました。むしろ、心配だったのが、PTSのホームページに8月になっても2学期の講座が載っていなかったことです。私の不安が的中して消滅したのか?と思いました。値上げはよいのですが、消滅だけは避けてください。また、金額が上がってもいいですから、冬期講習会を東京でお願いします。私にとって一番困るのは、定松勝幸先生の講座がなくなることです。料金に関して不満を言う人もいるでしょうが、私のように、純粋に定松先生の講義を聴きたい、という生徒がいることだけは知っておいてください。ぜひ、冬期講習会も東京でお願いします。私は、これまでどんな先生の講義を聞いても満足できず、途中でやめたりしてきました。定松先生の講義だけは、予習をし講義に臨み、しっかり復習もしています。得るものが非常に大きいのです。定松先生の講座がなくなることは、私にとっては最大のダメージになります。今回のように不安になりたくないので、冬期講習会は早くホームページに載せてください。金額は夏期より高くなってもしかたないと思います。高くなるとクレームをつける人がいるからやめる、だけはしないでください。定松先生の講義以外は受け付けないという私のような生徒がいることを忘れないでください。ほんとうにお願いします。

2011/09/03 冬期の受講希望

「代ゼミ卒業生」さんへ

 私のことを覚えておいてくださり、ありがとうございました。今年、代ゼミを辞めたら、いろいろな方面で活躍している人たちからメールや手紙をいただきました。もっとも多かったのは教師で、次が医師、です。教師のかたは、夏期講習会の講座に出席してくれた方もたくさんいます。ほんとうに感謝しております。  よろしかったら、ファンサイト事務局のほうにメールください。そこが私に転送しますので、私が受け取ることができます。

2011/09/03 定松勝幸

「医学部志望」さんへ

PTSの第1回目の講義は無料で体験できますので、それを聴いてみて、役に立ちそうなら、料金を払って申し込むとよいと思います。難しすぎて無駄になりそうなら、申し込まないでいいと思います。PTSの事務局あてに「無料体験したい」とメールを出してください。なお、その際、志望校などのコメントも書いておかれますと、私のほうにもメールが転送され、私自身からのアドバイスを送ることもできます。このコメントでは、すべての人に公開されてしまいますし、また、添付ファイルなどを付けることもできませんので、PTSに直接メールを送り、無料体験を申し込んだうえで、定松先生に相談したい、という形で、相談内容を転送してもらうといいでしょう。

2011/09/03 定松勝幸

「2学期単科」さんへ

 金額にたいする不満はあるでしょうが、これでもぎりぎりの金額で、正直言うと赤字は解消できるとは思いません。また、桜坂教室の単科ゼミは2時間×11回で、94,500円ですから、東京はずいぶん安くしております。「値上げするなら、やめろ」という意見もあるでしょうが、それでもやって欲しい、という生徒の要望もあり、私も続けたいという気持ちもあり、講座開講に踏み切ってもらいました。PTSのほうからは反対意見もありました。利益にならないことをすることがいいことかどうか、、、と、言う意見です。ただ、私としては、東京で私の講義をやりたい、と思っていましたので、無理を言って、お願いしたのです。

2011/09/03 定松勝幸

2学期東京単科講座について

値上げがやむ終えないのは分かりましたが、授業時間を開始時間を早める、終了時間を遅くする、間の休憩時間を短縮するなどでなんとか伸ばして頂けないでしょうか? なるべく沢山の先生の講義をお聞きしたいので。

2011/09/03 1学期受講生

こんにちは。

定松先生、こんにちは。 私は、2003年に代ゼミで浪人して、定松先生の講義を受講していました。今は社会人です。 ふと、懐かしさを覚え代ゼミのHPを見てみると、先生のプロフィールが削除されており、どうしたのかな?と思っておりましたが、お辞めになられたのですね。 今の代ゼミは、私が通っていたころの素晴らしい講師の皆さんがいらっしゃられなくなっており、何だか寂し気持ちになりました。 予備校に懐かしさを覚えてはいけないのかもしれませんが、大学合格の手助けをしてくださったという事実を忘れたくないためそんな気持ちになりました。 数学以外の学問もご教授されているとの事で、これからも受験生のためにがんばってください。 お体にお気をつけて。

2011/09/03 代ゼミ卒業生

質問です。

2学期のハイレベル医系数学は受講可能偏差値はどれくらいですか?数学には自信がないですけど頑張って医学に入りたいです。

2011/09/03 医学部志望

2学期単科

下記のコメントに「20%くらいの値上げ」と回答しておりますが、額面では確かにそのくらいですが単位時間にすると50%くらいになりませんか?さすがに急すぎではないでしょうか…

2011/09/03 2学期単科

「1学期受講生」さんへ

120分が90分になったことに対してお詫び申し上げます。回数が1学期より多く、11回になってはおりますが、時間の短縮により、1学期に比べて値上げになっている状況です。もともと、1学期の東京会場は、福岡桜坂教室より料金が格安(半分以下でした)で設定しておりました。それなのに、桜坂教室に比べて、交通費(とくに航空機代)、教室使用料などの諸経費がかかり、1学期は少し赤字が出た状況でした。PTSが2学期の講座そのものの存在をなくす方向で検討していたのを、「20%くらいの値上げで、東京会場の講座をやりたい。」という私の希望に従って、今回の決定になりました。ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします。

2011/09/03 定松勝幸

2学期東京単科講座について

なぜ講義時間を120分から90分に変更なされたんですか? 私個人としては1学期の情報量、授業進度などがベストだったのですが。

2011/09/02 1学期受講生

2学期単科コース

2学期の単科コースの料金が1学期より割高だと思いますが…。1学期は1コマ2時間だったと思いますが、それにしても誤りではないでしょうか?

2011/09/02  

「希望者」さんへ

偏差値に関して、個人差はありますが、5くらいのアップを考えてください。中には10以上アップする人もいる(過去の経験ではもっと上がる人もいました)と思いますが、たった12回の講義ですから、確実なのはその程度でしょう。PTS本科の場合、選択により違いがありますが、私の数学の時間は1年間で400時間くらいで、これは予備校業界でも年間数学時間の最大値ではないかと思います。しかも、時間が多いだけではありません。内容的には、日本で最高水準のわかりやすい講義、かつ、学習効果のある講義だと思います。これで偏差値アップの平均を20と考えております。そこから比例計算すると、12回の講義回数で偏差値アップは5程度が妥当な値でしょう。それでも、奇跡に近い数字です。実際はもっと上がる生徒も出てくるでしょう。しかし、5でもすごい数字です。ほとんどの予備校では、そこで1年間毎日数学の勉強をしてやっと偏差値が5上がる程度ですから。たった12回の講義で5という数字は驚異的以外の何物でもないと思います。

2011/08/31 定松勝幸

本質の追究について

数学の偏差値だけで考えると 最低でいくつぐらい上がると考えてよいのですか?

2011/08/31 希望者

「追究数学検討中」さんへ

 1年間いっしょうけんめいに勉強して上がる偏差値が5程度です。予備校のパンフレットを見ると、1年でものすごく成績が上がった生徒が合格体験記なるものを書いています。でも、その予備校の生徒みんながそんなに成績アップしたわけではありません。予備校のほとんどは、都合のいいところしか公表しません。実際には、努力しても全く成績が上がらなかった生徒や、逆に下がった生徒だってたくさんいます。平均をとれば、5くらいあがればいいほうなのです。  私が1年間個別指導した生徒の偏差値の上昇率の平均は25程度です。平均です! 決して、すごく上がった生徒の例ではありません。  一番上がったのは、1浪の女の子で偏差値が1年で42上がりました。合格した大学は東京大学です。その子の第一志望校は茨城大学でしたが、偏差値の上昇が止まらず、千葉大学、筑波大学、さらに、東京工業大学と志望校変更をして、実際に受験したのは東京大学理科砧爐任后これに合格しました。いい意味で志望校変更をせざるを得なかったのです。昨年度は2人の個別指導をしましたが、ひとりは1年で22、もうひとりは1年で37の偏差値の上昇です。  さて、君の場合、現在偏差値が55とのことですが、1年個別指導すれば、悪くても70台になります。うまくいけば、80台もありえるでしょう。  ただ、今回のAB12回、C12回では、そこまでの責任はもてません。あまりにも指導回数が少ないのです。しかも、個別指導ではありません。3名限定のグループ指導です。当然、個別指導よりはグレードが下がります。ただ、5は確実に上がるでしょう。5か、と思うかもしれませんが、1年間毎日予備校に通って上がる偏差値の平均値ですよ。実際には多浪している人は、何年も予備校に行っていて偏差値は変わらないか、下がっているか、が普通です。わずか12回ずつの講義でそんなに上がったら奇跡でしかないと思います。  さて、予備校側の責任ですが、3名限定なので、ひとりひとりの弱点を理解したうえでの講義ができます。当然、成績が上がらないのなら、教師が悪いのです。少なくとも講義でやった内容に関しては、生徒が理解するまでやる、すなわち、できない生徒にたいしては、無料で個別指導するなどの対応を検討しています。  ある予備校での個別指導の話(作り話ではありません)ですが、お金持ちの子供で、成績が悪い子供には、教え方がへたな先生をつけるのです。まず、生徒の実力がないと、先生の能力の違いがわかりませんから、「その先生を変えてくれ」というクレームもありません。できる生徒ですと、教師の能力の違いがわかりますから、「この教師についていても成績はあがらないので、もっと優秀な教師に変えてくれ」というのです。そのため、できの悪い生徒は、教え方の悪い教師のもとで学習し、成績も上がらず、入試も失敗します。その予備校は、次の年もその生徒をお客さんにできるわけです。  私が目指したものは、『できない生徒をカモにしない』です。どんなにできなくても、本人が努力する気があれば、1年で合格させてあげることです。  

2011/08/31 定松勝幸

本質の追究数学について

このブログをみて 参加を検討しています。 成績があがらない生徒の対応とは 具体的にどのようなことをするのですか? 先生は成績の大幅アップ とは 偏差値で言うとどのくらいあげることとお考えですか? 偏差値55の生徒をどのくらい あげられるとお考えですか?

2011/08/31 追究数学検討中