元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2013/05/19 Updated

久しぶりに生徒をやりました

 今日は、大西泰斗先生の英語の講演に生徒として参加しました。2日前は教える側、さらに教える先生を教える側でしたが、本日は教わる側をやりました。正直、できのいい生徒ではありませんでした。他の受講生のレベルの高さに圧倒されていました。

 私は、戦後の英語教育を受けて育った典型的な人間で、努力した結果、英文がある程度読めるようになりましたがしかし、聞くこと、話すことは全くできません。授業に字幕が付いていればなんとかなるのに、、、と思って講演を聴いていました。
 英語は一生懸命勉強し、多少の専門用語(法律、政治、経済、文学、哲学、さらに理学、工学などのもの)が入っても読めるくらいにはなりました。そのため、リスニングがなければ、英語の試験は高得点が取れますが、聞く能力は限りなく0に近く、話す能力においては完全に0です。

 今日もクリス先生(大西先生と一緒に講義をされたネイティブスピーカー)の話(英語で講義されます)を必死になって聞いていました。使っておられる単語は簡単なのに、聞くのが精一杯でした。受講生の多くが楽しそうに聞いておられる(私も楽しかったのですが、他の受講生とは比較にならないほど私の英会話の実力は低いので、、、)のがうらやましかったです。
 講演終了後も講師のお二人と話す機会を設けてもらったのに、日本語で話してしまいました。自分でもこの英語の能力のなさには、ショックを受けています。

 戦後の英語教育に関しては、賛否両論ありますが、英語の専門家ではない私が偉そうなことを言うのは避けることにします。ただ、これでも、英語の試験においては、偏差値は80までたどり着いたものです。その偏差値の人間が、簡単な英会話ができず、中学校程度の単語しか含まれていない英語でも、話されると、何を言っているのか、わかりにくいのです。ましていわんや、自分から話すなんてとても無理なのです。

 今度は英語で講師の人と話せるように、英語を頑張ろうと思いました。

 5月19日    定松勝幸

[定松先生の趣味の世界]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

コメントを入力

タイトル

コメント

ご氏名