元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2009/04/17 Updated

1学期初日

 本日(4月17日)、代々木ゼミナール本部校で講義を行いました。
 初日の講義は、私でも少しは緊張します。代々木ゼミナールの本科の初日の講義では、いきなり問題に入らず、まず20分ほど『成績が上がる勉強法』について話をします。私の場合は、1年間の講義で、この20分がもっとも重要な講義だと思っています。
 数学は、『成績が勉強量に比例しない』学問です。勉強時間を多くしても成績がまったく上がらない人もいれば、ちょっとの勉強でどんどん成績がアップする人もいます。「この違いはなぜ生じるのか?」がわからない人は、結局、努力しても成績が上がらないタイプの生徒になってしまいます。そのため、その違いを生徒に理解させるのが、初日の講義の役割です。これが生徒に伝われば、その生徒は成績がどんどんアップするでしょうし、伝わらなかった生徒は、努力をしても成績が上がらない可能性が高いのです。
 だから、私は初日の講義が勝負だと思っています。私の講義を受けることになった生徒には、成績を上げてもらいたいのです。だからこそ、初日に『数学の勉強法に関する意識革命』をおこさせたいのです。

   4月17日    定松 勝幸

[代ゼミでの講義]

コメント(3)  |   コメントを書き込む

2009/04/15 Updated

1学期の講義が始まります

 明後日(4月17日、金曜日)から、1学期の講義が始まります。明後日(4月17日)が代々木ゼミナール本部校の初日、4月20日(月曜日)が代々木ゼミナール熊本校の初日、4月21日(火曜日)が代々木ゼミナール福岡校の初日です。PTSの方は4月25日(土曜日)が初日です。講義の準備は7月9日(1学期の最終日)まで終わらせていますので、初日が楽しみです。
 
 私は、初日までに、最終日までの準備をしてから、初日の講義に向かいます。それは、数学は1回1回が独立しているわけではないからです。「1学期全体で何をやるのか?」をわかっておくと、毎回の講義において「ここで何をやっておくと後のためになるのか?」がわかりますので、その回だけでなく、後にもつながる講義ができて、最終日までの講義が『流れるような美しい講義』になります。毎回の講義が、その回を独立させても重要であると同時に、その後の回のためにも重要である、そんな講義がしたいのです。
 そのため、少したいへんですが、初日までに最終日の分まで準備します。これは、人生においても重要なことで、今日は、今日のために存在すると同時に、明日以後のためにもあります。明日以後のことだけを考えていたら、今日を楽しむことはできません。しかし、今日だけのことを考えて今日を楽しんだら、明日につながりません。両方とも重要なのです。
 だから、毎回の講義では、『その日だけ出席した生徒が感動できる』と同時に、『毎回出席している生徒が、前回の講義はこのためにあったのか!と感動できる』の両方が必要なのです。
 
 特に、毎回出席している生徒には、「先生はここが理解できるようにさせるため、前回、あんな解説をしたんだ!」と感動してもらいたいのです。各回の講義だけでなく、全部を聴いたとき、美しい交響曲になっているような講義をしたいと思います。

 4月15日   定松 勝幸

[定松先生の人生観]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/04/13 Updated

引越ししました?

  最近、引越ししました。といっても、今の家はそのままで、荷物の一部を別の家に運びました。したがって、『引越し』と言うのかどうか、、、、?
 実は、荷物が増えすぎて、家族が住めるスペースが小さくなりましたので、今すぐには必要でない荷物を移動させたのです。私の家は荷物が多く、一部の荷物といっても、普通の3LDKのマンションの引越しの荷物の量がありました。大型のトラックにいっぱいの荷物でした。これが、家族の住むスペースを狭くしていたのです。引越しした後は、「部屋がこんなに広かったのか?」と叫んでしまいました。
 サカイ引越センターにお願いしたのですが、レベルの高さにびっくりしました。私が引越しするのは今回で30回くらいになります。回数が多い分、引越し屋も毎回変えて、気分転換をしています。回数が多いため、「大満足でした」もあれば、「二度とこの業者には頼まないぞ」もあります。1年前に引越したときの業者が、「2度と頼まないぞ」と言いたいレベルだったので、今回は初めて複数の業者に見積りを出してもらいました。(過去は、その日の気分でひとつの業者だけに頼んでいました)。今回、『引越しは、複数の業者に見積りを出してもらうべきだ』と悟りました。なにしろ、業者によって、金額もサービスの内容も全く違うのです。金額においては、高い業者は安い業者の3倍を越えていました。「せいぜい、5割増しくらいの違いだろう」と思っていたら大間違いでした。電話帳で「安い」と宣伝していたある大手の業者は、サカイ引越センターの価格の2.5倍でした。チラシに「大手にはないサービスと価格」とあった地元の業者は、サカイさんの2倍でした。こんなに違うとは、、、、それまでは、一社に決めていたので、その業者の決めた金額でお願いしていたのです。きっと損をしてきたのだと悟ったのです。みなさんも、引越しは複数の業者に見積りをおねがいしましょうね!金額の違いにびっくりしますよ!
 サカイ引越センターは10年前にも利用したことがありして、その時も好印象でしたが、今回はさらによかったです。ハード面もレベルアップしていましたが、ソフト面も大満足でした。ここ5年でも何回も引越ししていますが、頼んだ引越し屋の中で最上級の満足でした。
 引越し屋の世界は「荷物の梱包の仕方」「荷物の運び方」「アフターサービス」など、日々進化しています。あまりの進化にびっくりしました。引越し屋の宣伝をしたいわけではありませんが、レベルの高さにびっくりしたことは事実です。予定していた金額より安かったにもかかわらず、「この金額で、ここまでやれるか!」といったコストパフォーマンスのよさを感じました。正直言って、サカイ引越センターは、また利用したいと思いました。

  4月13日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/04/12 Updated

代ゼミ熊本校での体験授業2回目

本日は、代々木ゼミナール熊本校での体験講義の2回目でした。数学毅銑僑臓タ学沓辰里い困譴癸僑以という短い時間です。そのため、問題数は1題にし、丁寧な解説をしました。それでも、毅銑僑造里曚Δ蓮講義では示さなかった別解がたくさんあります。『今月の問題、別解』のコーナーに載せる予定です。受講した生徒さんで、講義で示していない別解を見たい人は、そちらのコーナーを開いてください。

4月12日    定松 勝幸

[代ゼミでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/04/11 Updated

代ゼミ福岡校での体験授業2回目

本日(4月11日)、代々木ゼミナール福岡校での2回目の体験授業でした。講義でやった解法以外の解法は、『今月の問題、別解』のコーナーで紹介します。明日(4月12日)が熊本校での2回目の体験授業で、問題は同じですので、明日の熊本校の講義が終了してから、投稿します。もうしばらくお待ちください。
 
 4月11日     定松 勝幸

[代ゼミでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む