元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2009/05/29 Updated

無料体験講義

 PTSの方で「無料体験講義をして欲しい」とのことで、東京と福岡でやることになりました。福岡は桜坂の教室がありますから完全に無料ですが、東京は会場を借りてやるため、受講生から1000円の費用を取るとのことです。ちなみに、私はボランティア(無報酬)です。ただ、無報酬だからといって、手抜きはしません。

 東京が6月18日で、福岡が7月11日、7月12日です。‘報酬なし’講義でも、私は教壇に立って講義するのは大好きなので、たくさん講義ができて楽しみです。
 
 東京会場での体験講義では、東大京大理系数学、難関医学部数学といった難関向けの数学で、難関突破において「合否を決める問題とは何か」を伝えたいと思います。

 難関向けの数学はもちろんですが、今回は『ベクトルと空間図形』を楽しんでもらいたいと思っています。『定松のベクトルの世界』に招待したいと考えています。時間のかかりそうな空間図形の問題が、『定松の世界』では数秒で片付いてしまうことも多々あります。十分に楽しんでもらえるものと思います。
 
 
  5月29日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/17 Updated

ボランティアのアシスタント募集

 東京またはその近郊に住んでいる人で、ファンサイトの事務のお手伝いをしてくださる方を募集します。パソコンとプリンター、スキャナが自宅にある人に限定させてください。
 
 私はパソコンの扱いが苦手です。2年前にやっとメールとネットオークションができるようになりました。まだ、プリンターもスキャナも使えません。東京にいるとき、載せたい原稿があっても、すぐに載せることができません。その手伝いをしてくれる人を募集します。

 ボランティアですから報酬は0円です。ただし、PTSでの東京会場での受付、資料の整理など、PTSでの仕事にかかわる場合は、PTSの方からアルバイト料が支払われます。

 希望される方は、以下の住所に写真付き履歴書を郵送してください。とりあえず、6月15日を締切りとして募集します。採用、不採用の連絡をメールにておこないますので、メールアドレスを必ず書いてください。

 〒810−0024
福岡市中央区桜坂3−8−1 アーバンライフ桜坂303号  プロジェクトシアターゼミナール 「定松先生」係


 この件に関する質問などあれば、コメントの欄に書き込んでください。後ほど、私がコメントに関して返事をします。

  
 5月17日    定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/15 Updated

【募集】6文字の回文を公募します

※募集は終了しました。たくさんの応募有難うございました。

ファンサイト事務局です。
定松先生が「6文字の回文でいいものがないか?」と探しておられます。
6文字の回文を探している理由は、定松先生のブログ「回文」をご覧ください。

そこで、今回ファンサイト事務局で公募することにしました。

【応募期間】2009年 5月31日の21:00まで

【募集方法】※募集は終了しました。

【賞品】作品が採用された場合、2,000円分の図書カードをお送りいたします。

【必要事項】「氏名」、「住所」、「郵便番号」、「ペンネーム」をご記入ください。
ただし、採用されても賞品が不要の場合は、これらは必要ありません。また、採用された作品は、後日発表いたしますので、その際、氏名を公表を希望しない人はペンネームを掲載いたします。氏名を公表しても構わない人はペンネームは不要です。

※頂きました個人情報につきましては、ファンサイト事務局にて厳重に管理いたします。

素敵な回文をお待ちしております。

[ファンサイト事務局より]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/14 Updated

相反方程式

 『今月の問題』で相反方程式をとりあげたいと思います。私が発見した面白い解法もあります。学生の方だけでなく、このブログを見てくださっている全国の数学の先生方にも参考になる内容をのせるつもりですので、楽しみにしてください。
 
 今月と来月で、『独特の解法をする整方程式』を特集したいと思います。具合的には、『相反方程式』と『複2次式の方程式』を予定しています。

 第1弾は、5月17日(日曜日)に投稿予定です。もうしばらくお待ちください。

 5月14日     定松 勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2009/05/14 Updated

回文

「トマト」、「キツツキ」、「しんぶんし」、「たけやぶやけた」などのように、上から読んでも下から読んでも同じになるものを回文と言います。6文字の回文でいいものがないか?と探しています。

私は、相反方程式(今月の問題のコーナーに詳しく載せています)で、2次、3次、4次、6次のものの愛称として、『トマト方程式』、『キツツキ方程式』、『しんぶんし方程式』、『たけやぶやけた方程式』と呼んでいます。ところが、5次の相反方程式の適切な愛称がなくて困っていました。ファンサイト事務局に、「公募すればいい」とアドバイスをしてもらいました。

 そこで、公募することにしました。いいものが見つかった方は、ファンサイト事務局あてにメールください。『〜方程式』(〜の部分が6文字の回文です)という形で使うことを考慮して、いいものを見つけてください。

 なお、採用された場合は賞品がでるらしいのですが、賞品、応募方法、募集期間などの詳細は5月16日(土曜日)の夜にファンサイト事務局より発表される予定です。

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む