元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2011/05/26 Updated

東京会場での1学期桜坂教室本科の数学

 正直言って、驚いております。夏期講習会の時期に、1学期桜坂教室本科の数学を受講したい、という一人の生徒の要望で、講座を設置しました。桜坂教室と同様の対応をするため、人数を3名を原則(最大5名まで)とし、料金も桜坂教室の本科と同じような金額にして昨日ホームページに載せたところ、既に3名の申し込み予約がありました。
 ただし、ホームページに記載しているとおり、いかなる事情があっても5名を超えては受講させません。「最大5名の少人数の限りなく個人指導に近いグループ指導」という約束に違反しますし、それを期待して、高い料金を支払った受講生に失礼になると思うのです。ほんとうに申し訳ないのですが、5名になり次第締め切ります。当初3名で締め切るつもりだったのですが、あまりの反響の大きさに5名にしたことをご了承願います。
 それにしても、安い金額ではないので、、、東京はすごい!!
 5月26日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/05/25 Updated

夏期講習会東京会場

 夏期講習会の日程が決まりました。生徒の要望に応じて、東京で、1学期桜坂教室の本科の数学、単科ゼミのハイレベル化学を設定しました。桜坂教室の本科は、医学部専用で、3名程度のグループ指導で全員合格を目指すコースです。当然料金も個別指導・グループ指導料金となり、安くないので、東京で設置する予定ではなかったのですが、「是非」という生徒の希望に従い設置しました。3名を原則として募集します。桜坂教室並みの丁寧な指導にするために、人数制限はご了承ください。
 桜坂教室単科のハイレベル化学も生徒の希望に従い設置します。生徒の皆さんには『定松の化学の世界』を楽しんでもらいたいと思います。
 5月25日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2011/05/12 Updated

東大理型学 福岡桜坂教室

 生徒からの要望に応じて、福岡桜坂教室でも、東大理型学をやるべきか検討しております。とりあえず、無料の体験講義をします。ここで受講した生徒に対して、アンケートをとり、開講するか否かを考えます。もちろん、開講することになったとしても、東京会場と同じ基準で選抜試験を行います。合格者が0もありうると思いますので、アンケートで開講して欲しい生徒が多数でも、試験の結果、「該当者なし」もありえます。福岡では、1人の合格者がいればいいほうだ、と思います。
 
 5月12日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(5)  |   コメントを書き込む

2011/05/07 Updated

東大理型学選抜試験(5月7日編)

 東大理型学選抜試験を行いました。問題はオリジナルのもので、面白い内容になっていると思います。受験しなかった人もPTSのホームページで公開しますので見てください。楽しんでいただけると思います。
 今回で最後の試験です。前回までの試験で合格者は2人出ています。3人目の合格者はでるのかな?
 個人的には3人目が欲しいと思っています。ただし、講義の水準を保つため、基準に達していない人を合格者にすることはしません。理型学を受講したくて受験してくださった生徒の皆さんには申し訳ないのですが、『理型学選抜試験に合格するほうが、東大理気帽膤覆垢襪茲蠧颪靴ぁ戮箸いΔ海箸如△翰解ください。
 5月7日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2011/05/01 Updated

理形抜試験問題の解答

今回(4月29日実施)の理形抜試験の解答を早く知りたい、という問い合わせが何件かありまして、それについて答えておきます。まず、この問題の解答は夏期講習会の東大理型学でやります。ただ、「そこまで待てない」という人にヒントだけは与えておきます。この問題は、なぜ原点を通らない直線でないといけないのか?と考えると自然と見えてくるものがあるはずです。直線は方向ベクトルと通る1点でただひとつに決定します。1次変換では、この方向ベクトルと通る1点の像を求めると、その直線の像は決定できます。ところで、平面上のすべての点は1次独立な2つのベクトルの1次結合で表現できます。直線が原点を通ってしまうと、その直線の方向ベクトルと通る1点の位置ベクトルが平行になり、1次独立な2つのベクトルは得られません。原点を通らない直線ですと、方向ベクトルと通る1点の位置ベクトルは1次独立です。ここに気づきましたか?ここに気づけば3分間クッキングでした。
 5月1日    定松 勝幸

[PTSでの講義]

コメント(0)  |   コメントを書き込む