元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2011/08/30 Updated

予備校の責任

 『予備校はどこまで生徒に責任があるのか?』は私にとって今最も重要な問題です。代ゼミにいたとき、何年も浪人する生徒をみてきました。しかも、教職員のなかには、「あの生徒また浪人しそうだね。来年もいいお客さまだ。」と平気で言う人もいます。来年合格するように指導しないのでしょうか? 
 でも、『生徒の合格までは責任を持たない』から受験産業はやっていけるのかもしれません。私は、それに対抗したいのです。必ず成績が上がる単科ゼミの講座、必ず合格する本科の講座、があったらいいと思いませんか?

 勉強することはいいことですが、大学受験に何年もかけることはいいことではありません。受験勉強はやる科目が限定され、幅広く学ぶことは難しいのです。私自身、講義をするとき、「本当はもっと深く話したほうが、受講している生徒にとって将来に役立つぞ。」と思っても、「これ入試に出ないし、、、」と思うと、話すのをためらってしまいます。どうしても合格させることを最優先に考えてしまいます。入試がなかったらもっと面白い話ができるのに、、、、と思うことも多いです。

 話を戻しますと、私が教える以上、1年で合格させたいのです。そして、勉強をたくさんしたいのなら、受験という制約のない環境で勉強させてあげたいのです。何年も浪人させたくないのです。

 私は、個別指導では、30年間で73人(3か月だけとか、入試の直前だけなどの短期を除く)の生徒を持ちましたが、合格率100%です。人生においてひとりの不合格者も出しておりません。もちろん、すべてが第一志望というわけではありませんが、大阪大学医学部を希望する生徒を神戸大学医学部に合格させた程度です。むしろ、逆が多く、第一志望校の偏差値よりも本人の偏差値が高くなり、第一志望校を滑り止めにすることもよくあることでした。私の目標は『第一志望校が滑り止めに!』です。最も面白い(?)ケースは、両親が私立医学部受験を考えて私に個別指導を依頼したのにもかかわらず、成績が上がりすぎて、社会や国語を勉強するゆとりも生じ、横浜市立大学医学部に現役で合格してしまったことです。もちろん、6年間の費用が大幅に安くなり、両親は大喜びでした。
 私の個別指導では、医学部の合格率は驚異的で本人が医学部志望であった場合は、100%の合格率です。歯学部や薬学部に変更させたことはありません。1年を通じて指導した生徒は次の年には、100%医学生です。

 もちろん、驚異的な合格率は、個別指導だからできたことです。でも、これを普通にしたいのです。そこで、PTS桜坂教室本科では、まず小人数で100%合格を実現させてみたいと思いました。5人以内の人数ですと、全員に対して細かい対応ができます。授業中の質問が自由で、わからないことはその日のうちにわかって帰る、が実現できます。さらに、確認テストはその生徒の能力に応じて作成する、などが可能です。生徒の授業の理解度をチェックするため、理解度確認テストなるものをやっている予備校は多いのですが、ほとんどの予備校(きっと、PTSを除くほとんどでしょう)は生徒全員に対して同じテストです。しかし、PTSでは、生徒が異なれば、レベルも異なり、志望校も異なるので、生徒全員に対して、その能力、志望校に合わせてテストも作成します。10人の生徒がいれば、10人ともテストの内容が異なるのです。これが、PTS本科です。100%合格をめざしているので妥協はしません。

 この、指導水準を東京会場でできないかと考えたのが、今回の3名限定の講座(これは日頃講座をとっている一部の生徒限定で募集したもの)です。この講座は、本科とは違い、1週間に1回か2回の指導です。毎日指導できるわけではありませんから、『100%合格の責任』まではもつことができません。しかし、少なくとも『驚異的な成績アップ』だけは保証したいです。この講座に関しては、成績があがらない人に対しては、責任のある対応を考えていくつもりです。

 なお、この講座は現在2名の希望者ですが、もう1名の枠がありますので、このブログをみて、この講座の存在を知った人で、そんな講座があるのなら受講したい、という人は9月3日までにPTSに連絡ください。

 私は「100%合格する本科」と「100%成績が上がる単科」をやりたいのです。ただし、そのためには、人数を限定し、料金も少し高く設定せざるを得ません。これに反対意見もあると思います。「いい講義を安い料金で受講したい。成績が上がるかどうかの責任は自分でとるから、安くすればいい。」というように。もちろん、それに対応するように東京会場の講座があります。その中の生徒さんから、桜坂教室並みの責任感をもった講座を設定してほしい、100%成績をあげてほしい、という要望があり、今回の3名限定の講座を設置しました。東京で2学期から、新しい試みをやってみたいのです。

 『受講すれば100%成績があがる。万が一、成績があがらない生徒がいたらあがるように対応する』なんて、いいと思いませんか?

 8月30日    定松 勝幸
 
 

[定松先生の人生観]

コメント(21)  |   コメントを書き込む