元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2013/04/15 Updated

今度は文系の大学生

 ネット配信の講義で、大学4年生からの申し込みがありました。なんと、文系です。
 数学そのものはこれからも必要ないかもしれないのに、「数学の勉強をして、思考力を高めたい」そうです。これに、私の数学の講義が役に立つとは、光栄です。

 そもそも、数学そのものを必要としない人が、「数学の勉強したい」と言うには、数学に関する深い理解があるのだと思います。数学を必要とする大学の学部生や社会人にとっては、道具としての数学(計算に必要、問題解決に方程式や不等式を使う、、、、)を避けることができませんから、数学の勉強をしたい、したくない、の選択はできません。
 ところが、数学を必要としない(私は必要だと思いますが、、、)方向に進む人にとっては、数学を避けて通る道もあるはずです。それなのに、数学を学びたい、とは、『それから得られるものが何か』を深く理解しているからなのでしょう。私は、こんな生徒に囲まれて、幸せにすごしております。

 4月15日     定松勝幸

[最新の情報]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

2013/04/14 Updated

Twitter を始めました。

 驚かれそうですが、私が Twitter を始めました。私もびっくりです。以下のものです。

 https://mobile.twitter.com/sadamatsusensei

 4月14日    定松勝幸

[最新の情報]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/04/10 Updated

京都大学の医学博士(第2弾)

以下は、京都大学の医学博士からいただいたメールの一部です。大学を卒業してからも数学を学びたいと考えておられる方に参考になる話です。

『 数学という教科の面から見れば頭の体操ということになりますが、論理的に説明する、分かりやすく説明する、道具を検討しその利点欠点を知りながら組み立て応用して行くという一連の講義の流れは、頭の体操・趣味にとどまらず研究の計画・プレゼンにも有用であると思います。

 さらに基本的な考え方・解き方の中にも美しさを感じさせるのが定松先生の講義ですので、わくわくしながら学べる点、なかなか他に代わりを見出せるものではないように思います。』

 このメールは私の貴重な財産です。これを見るたびに、「さらに、いい講義をしよう」と思い、教授法の研究を続ける気になれるものです。

 4月10日    定松勝幸

[その他]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/04/09 Updated

今度は薬剤師

 やっぱり、病院で数学がはやっているみたいです。昨日は大学の薬学部をでて薬剤師になった方から、ネット配信の講座の申し込みがありました。

 京都大学の医学博士効果?

 彼が申し込んでからというもの、不思議なくらい社会人、特に医療関係者が申し込んでくれます。
 「受験生でもないのに申し込んでいいのかな?」と思って、ブログを見たら、すでに申し込んでいる医師がいた!これは、申し込まねば!と思うのでしょうか? 
 
 私にとっては、本当に幸せなことです。私の数学が、受験だけでなく教養としての価値がある、と認めてもらっているわけですから。

 これからも、受験が終わっても心に残り続ける数学の講義を作り続けていくつもりです。
 応援よろしくお願いします。

 4月9日     定松 勝幸

[最新の情報]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/04/03 Updated

ネット配信プロモーションビデオ追加3

 ネット配信のためのプロモーションビデオがさらに追加されました。『化学反応理論』と『東大理型学』です。4月から、ネット配信するのは、4つの講座『整数問題』、『計算の技術』、『場合の数と確率』、『化学反応理論』で、『東大理型学』は5月末からの配信を考えております。

 『化学反応理論』は「なぜ反応が起こるのか?」、「その製法において加熱は必要か?」、「教科書に載っている方法がすべてなのか?」などを解明すると同時に、無意味に化学反応式を暗記しないための講座です。化学反応も数学と同じように考えたほうがいいところが多く、理屈抜きで反応式を暗記しても思考力はつきません。
 無駄な暗記をしている人のため、さらに深く理解したいひとのため、に役に立つように考えました。

 最初は、化学は東京西日暮里教室で生でやっていて、ネット配信する予定ではなかったのですが、東京の教室に通うことができない生徒(?)さんからの問い合わせが殺到し、同じ内容の講座をネットでも聴けるようにしたものです。

 4月3日     定松勝幸

[最新の情報]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/04/02 Updated

病院で数学がはやっている?

 またまた、医師からのネット配信の申し込みがありました。今年は、医師の間で数学が流行しているみたいです。
 元教え子で現在は医師になっている人に「趣味はなんですか?」と聞きますと、過去は、

「ピアノを弾くことです。」・・・・おしゃれ!
「ラグビーをすることです。」・・・・かっこいい!

といったものでしたが、これからの時代は、

「数学の勉強です。」・・・・素敵!

となるのでしょうか?

 受験に必要だからしかたなく勉強するのではなく、思考力を養うために趣味として学ぶことは、『素敵!』だと思います。
 今回、多くの医師の方からのネット配信の申し込みがありました。ほとんどの方は、「受験するわけではないですが、、、申し込んでもいいでしょうか?」「変だと思われるかもしれませんが、、、受講したいのでお願いします。」というメールをくれました。
 決して“変”ではありません。「受験に必要だからしかたなくやっている、、、苦痛を感じながらやってる、、、、」と比較してください。「楽しいからやっている、、、面白いからやっている、、、」は“素敵”以外の何物でもありません。「すばらしい趣味をお持ちですね!」と返事を返したいです。
 4月2日     定松勝幸

[最新の情報]

コメント(0)  |   コメントを書き込む

2013/04/01 Updated

ネット配信プロモーションビデオ追加2

 ネット配信のプロモーションビデオが、追加されました。今度は、『場合の数・確率』です。

 数学Aの範囲のもので、高校1年生から受講が可能なものです。他の分野(漸化式、無限級数、積分、最大・最少)との融合に関しては、夏期または2学期以後を考えております。

 この講座は、単に確率を勉強するだけでなく、数学的思考力をつけることを重点とします。『同じ道なのに、生きと帰りでは景色が違う』、『ひねくれものの薦め』、『常識って以外に根拠がない』などなど、、、数学的思考力を養うのに必要なものを、身近なものに置き換えて解説していきます。題材として確率を選んだだけ、と考えてください。

 4月1日    定松勝幸

[最新の情報]

コメント(0)  |   コメントを書き込む