元代々木ゼミナール講師 定松勝幸先生 オフィシャルファンサイト

定松先生 ブログ

2013/04/15 Updated

今度は文系の大学生

 ネット配信の講義で、大学4年生からの申し込みがありました。なんと、文系です。
 数学そのものはこれからも必要ないかもしれないのに、「数学の勉強をして、思考力を高めたい」そうです。これに、私の数学の講義が役に立つとは、光栄です。

 そもそも、数学そのものを必要としない人が、「数学の勉強したい」と言うには、数学に関する深い理解があるのだと思います。数学を必要とする大学の学部生や社会人にとっては、道具としての数学(計算に必要、問題解決に方程式や不等式を使う、、、、)を避けることができませんから、数学の勉強をしたい、したくない、の選択はできません。
 ところが、数学を必要としない(私は必要だと思いますが、、、)方向に進む人にとっては、数学を避けて通る道もあるはずです。それなのに、数学を学びたい、とは、『それから得られるものが何か』を深く理解しているからなのでしょう。私は、こんな生徒に囲まれて、幸せにすごしております。

 4月15日     定松勝幸

[最新の情報]

コメント(1)  |   コメントを書き込む

この記事に対するコメント

頑張ってください!

39歳社会人です。もう20年前になりますが、代ゼミ福岡校で、授業にて直接ご指導いただく機会がありました。小・中・高・大学、そして社会人になってからの授業を通しても(私はスクール好きでいまでもいろんな社会人向け学校に顔を出しています)、定松先生の授業が一番印象に残っています。数学は結局得意にはなりませんでしたが、楽しい学問だと思えるようになりました。毎回マジックを見ているようでした。どうもありがとうございました。あと、先生の大学の先輩の、就活面接でのGNPの話好きでしたよ。またブログ読ませていただきます。頑張ってください!

2013/05/12 K.SAKAMOTO